写真© kritchanut-Fotolia

お金を残す不動産投資コラム。今回は、私が平成29年10月にM&Aで不動産所有会社を取得した経緯や、そのメリットについて、わかりやすく解説したいと思います。

不動産所有会社をM&Aで取得

去る平成29年10月、私はうちの顧問先が運営していた不動産所有会社をM&Aで取得しました。M&Aとは、「Mergers And Acquisitions」の頭文字を取ったもので、直訳すると「合併と買収」という意味になります。

要するに、物件を所有している会社を、会社ごと購入する方法です。

そもそもは、顧問先との打ち合わせの中で「物件売却を進めているけど、買い側の融資等の関係で、なかなか前に進まない」という話を聞いたのがきっかけです。売り出し条件は、4億円でRC造の築18年、表面利回りが9%弱。2年ほど前に大規模修繕も終わっていましたので、現在の市況を考えるとなかなかいい条件でした。

そこで、「それなら私が購入を検討してもいいかも?」と思ったわけです。

また、これから叶税理士法人の新しいサービスとして、不動産所有会社M&Aのマッチングサービスを立ち上げようとしていたところですので、まずは実験的に自分自身で取り組んでみれば、様々なことがわかるだろうという思惑もありました。

結局、平成29年8月初旬に話が持ち上がり、2カ月半で決済まで終了することができました。

M&Aで売却するメリットは?

では、不動産所有会社をM&Aで売却するメリットは何があるのでしょう? まず、売却側のもっとも大きなメリットは、税金が節税できることです。

○不動産をそのまま売買して2億円の売却益が出て、その後会社を清算するケース

【売却益に対する法人税】

売却益2億円×法人税実行税率34%=6800万円の税金

【会社清算後の株主配当に対する所得税】

残りの1億3200万円×55%=7260万円の税金

【手残り】

売却益2億円-法人税6800万円-所得税7260万円=5940万円

○不動産所有会社M&Aで2億円の株式売却益が発生するケース

【株式譲渡所得に対する所得税】

株式売却益2億円×株の譲渡所得税率20%=4000万円

【手残り】

株式売却益2億円-所得税4000万円=1億6000万円

このように、同じ売却益が発生しても、手残りの差、なんと最大で2.7倍になるわけです! 他にも以下のように、M&Aで不動産所有会社を売却すると多くのメリットがあることがわかります。

・金融機関の違約金が発生しない

・売却後に物件がない法人が残らない

次のページM&Aで買収するメリットは?