シェアハウスというと、居住費を抑えたい若者向けのイメージが強いのではないだろうか。しかし、シェアハウス総合プラットフォーム「ひつじ不動産」を運営する株式会社ひつじインキュベーション・スクエアによると、近年、シェアハウスへの問い合わせが増えている中で最も多いのが、20代後半から30代前半の大人の女性利用者だという。(2017年3月調査より)

実際に、大人の女性の間でニーズは高まってきているのだろうか。また「大人の女性向け」としてシェアハウスを運営する際、オーナーとして心がけるべき点は何なのか。

多くの大人の女性たちに支持されるシェアハウスの企画・管理・運営を行うRバンクの金子智美さんに話を聞いた。

働く女性たちの選択肢のひとつになったシェアハウス

不動産業のRバンクは創業2年目の2008年にシェアハウス事業を開始。当時、巷ではシェアハウスではなく、ひと部屋にたくさんのベッドが並ぶゲストハウスが主流だった。

「私たちは、当初から分譲のワンルームマンションと同じレベルまで上げていきたい、と思っていました。そうすると、賃料も周りのワンルームの物件と同程度になってくる(*)。必然的に、入居される方もある程度収入がある方になります。

女性の晩婚化も進んでいますし、みなさんのキャリアもどんどん上がってきている。さらに、結婚しないという選択肢も出てきています。ただ、ひとりで暮らすには安全な世の中とは言い難い。また、大人になって初めて実家を出る女性は、ひとり暮らしよりも、帰ってくると灯りがついているような場所を求めているのでは、と思いました。

安心感があって、デザイン力もある住まい。女性が自分のステータスを考えたときに、シェアハウスはひとつの選択肢になってきていると思います。その状況を見越して、我々のターゲットは当初から、20代後半から30代前半の働く女性、と設定していたんです」(金子さん)

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする