写真© ranczandras-Fotolia

年収1000万円プレーヤーというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか? では、年収3000万円プレーヤーというと、どのようなイメージですか? はたまた、年収1億円プレーヤーというと…?

ごく一般的な目線で言えば、年収1000万円でも高い年収ですし、その3倍の年収3000万円はさらに高い年収、年収1億円となるとものすごく高い年収だと感じられるかと思います。

年収1000万円、年収3000万円、年収1億円。これらの高い年収はどのようにしてもたらされるのでしょうか? どうすれば、年収3000万円プレーヤー、年収1億円プレーヤーになれるのでしょうか?

私はこういう疑問の答えが知りたくて、2年間という時間と数百万円のお金をかけて、30代で年収3000万円を実現した人111人に直接会って取材してきました。そうして見えてきた「年収1000万円プレーヤー、年収3000万円プレーヤー、年収1億円プレーヤーの違い」として、3つのポイントを紹介したいと思います。

年収1000万円、3000万円、1億円プレーヤーの違い

3つのポイントは以下になります。

1.年収1000万円、年収3000万円、年収1億円プレーヤー、それぞれ何をしている人なのか?

2.年収1000万円、年収3000万円、年収1億円の成功の時間軸とは?

3.年収1000万円、年収3000万円、年収1億円プレーヤー、それぞれのマインドの違いは?

年収1000万円プレーヤーは何をしている人なのか?

まずは、根本的な疑問「彼らは何をしているのか?」ということについてお話します。はじめに、年収1000万円プレーヤーの場合、年収に影響する最も大きな要因は「どこに勤めているのか?」です。

年収1000万円プレーヤーになる最短のルートは高収入な就職先に就くということです。大手商社や大手広告代理店、大手メーカー、有名大企業であれば、30代でも比較的実現可能です。ちなみに、この「勤務先による年収要因」は大体年収1500万円程度が上限と考えられています。

「勤務先による年収要因」で年収3000万円に到達するのは、外資系金融機関か外資系コンサルティング会社くらいです。それぞれで実力主義でサバイバル世界ですので、全員が全員、到達するわけではなく、脱落者も相応にいます。

「彼らは何をしているのか?」という質問に対しては「実務の一部に詳しい」ということが挙げられます。ビジネス全体についてはそこまで詳しくないのですが、実務の一部、ビジネスのパーツ部分については詳しく、組織の一部として非常に有益な価値をもたらす対価として年収1000万円クラスの収入を得ているものと考えられます。

次のページ年収3000万円プレーヤーは何をしている人なのか?