写真© ranczandras-Fotolia

年収1000万円プレーヤーというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか? では、年収3000万円プレーヤーというと、どのようなイメージですか? はたまた、年収1億円プレーヤーというと…?

ごく一般的な目線で言えば、年収1000万円でも高い年収ですし、その3倍の年収3000万円はさらに高い年収、年収1億円となるとものすごく高い年収だと感じられるかと思います。

年収1000万円、年収3000万円、年収1億円。これらの高い年収はどのようにしてもたらされるのでしょうか? どうすれば、年収3000万円プレーヤー、年収1億円プレーヤーになれるのでしょうか?

私はこういう疑問の答えが知りたくて、2年間という時間と数百万円のお金をかけて、30代で年収3000万円を実現した人111人に直接会って取材してきました。そうして見えてきた「年収1000万円プレーヤー、年収3000万円プレーヤー、年収1億円プレーヤーの違い」として、3つのポイントを紹介したいと思います。

年収1000万円、3000万円、1億円プレーヤーの違い

3つのポイントは以下になります。

1.年収1000万円、年収3000万円、年収1億円プレーヤー、それぞれ何をしている人なのか?

2.年収1000万円、年収3000万円、年収1億円の成功の時間軸とは?

3.年収1000万円、年収3000万円、年収1億円プレーヤー、それぞれのマインドの違いは?

年収1000万円プレーヤーは何をしている人なのか?

まずは、根本的な疑問「彼らは何をしているのか?」ということについてお話します。はじめに、年収1000万円プレーヤーの場合、年収に影響する最も大きな要因は「どこに勤めているのか?」です。

年収1000万円プレーヤーになる最短のルートは高収入な就職先に就くということです。大手商社や大手広告代理店、大手メーカー、有名大企業であれば、30代でも比較的実現可能です。ちなみに、この「勤務先による年収要因」は大体年収1500万円程度が上限と考えられています。

「勤務先による年収要因」で年収3000万円に到達するのは、外資系金融機関か外資系コンサルティング会社くらいです。それぞれで実力主義でサバイバル世界ですので、全員が全員、到達するわけではなく、脱落者も相応にいます。

「彼らは何をしているのか?」という質問に対しては「実務の一部に詳しい」ということが挙げられます。ビジネス全体についてはそこまで詳しくないのですが、実務の一部、ビジネスのパーツ部分については詳しく、組織の一部として非常に有益な価値をもたらす対価として年収1000万円クラスの収入を得ているものと考えられます。

では、年収3000万円プレーヤーは何をしている人なのでしょうか? 「自分の事業を持っている人」です。自分の事業を持っていて、ビジネス全体に詳しく、お金の流れに詳しい人です。

サラリーマンだからといって、年収3000万円プレーヤーになれないわけではありません。前述したような外資系金融機関勤務であれば、サラリーマンで年収3000万円プレーヤーです。とはいっても、数が非常に少ないですので、より数の多いサラリーマン年収3000万円プレーヤーは、不動産投資などの形で自分の事業を持ちつつサラリーマンしている場合です。不動産投資はれっきとした不動産賃貸業で、事業です。自分の事業をうまく広げていくことで、年収3000万円プレーヤーになれます。

ここで注目すべきポイントとしては「必ずしも、特殊な事業というわけではない」という点です。

30代で年収3000万円を実現した111人を直接取材してきて気づいたのが、3000万円という高い年収レベルを実現するのに、特殊な事業をする必要はない、ということです。たとえば、飲食店経営、会計事務所経営、不動産賃貸業、販売代理店など、よく見かける業種です。

もちろん、特殊な事業で成功している人もいました。某超大企業と独占的に取引している人、諸外国と特別なコネで特殊な取引をしている人。ただ、そういう特殊な事業をしている人はほんの一握りで、大部分の人はごく一般的といってもいいような事業をしていて、うまくやっている人だったのです。

不動産投資もごく一般的に知られている事業ですが、その中でうまくやっていくことで、実現する可能性があるのです。

年収1億円プレーヤーは何をしている人なのか?

それでは、年収1億円プレーヤーは何をしている人なのでしょうか? 2つパターンがあります。

1つは「自分の事業を大きくしていって実現させるパターン」

もう1つは「自分の事業を複数やることで実現させるパターン」です。

「自分の事業を大きくしていって実現させるパターン」は、たとえば、売上高3億円くらいの会社を経営することで年収3000万円を実現している人が、自分の事業を大きくしていって売上高30億円くらいの会社に成長させ、年収1億円を実現するようなケースです。

「自分の事業を複数やることで実現させるパターン」は、たとえば、売上高3億円くらいの会社を経営することで年収3000万円を実現している人が、関連業態で同規模の事業を4つくらい展開することで、年収1億円を実現するようなケースです。

どちらのパターンが多いかというと、取材ベースでは前者でした。ただ、後者もそれなりに多いそうなので、どちらも同じくらいの数かもしれません。

ポイントの2つ目は「成功の時間軸」です。

年収1000万円プレーヤーも就職してからすぐに年収1000万円に到達するわけではなく、10年から15年程度の期間を経て、ようやく到達するわけです。これが年収3000万円や年収1億円プレーヤーになると、もう少し複雑になります。

一般的に、22歳前後でビジネス社会に出ます。ビジネス社会について一通りを学んだあと、「自分の事業を持つこと」がポイントですから、自分の事業を持つために、独立起業、ないしは不動産投資の第一歩を踏み出します。このタイミングは多いのは30代前半、32歳から35歳といったところでしょうか。

自分の事業を持ち始めるタイミングが32歳から35歳ということで、10年から13年程度のビジネス経験をベースにスタートします。ここで自分の事業を持ち始めて、すぐに成功する人と成功するのに時間がかかる人とに分かれます

ただ、一貫して重要なことは「どちらにせよ、下積み期間が5年程度は存在する」という事実です。

成功に必須なポイント「下積み期間」

自分の事業を成功させるのに、下積み期間が必要です。スタートしてすぐに成功する人の多くは、10年から13年程度のビジネス経験時代に、自分の事業における「下積み期間」とみなされるような経験をしているケースが多いです。

具体的には、ある中小企業のNo.2として、実質的なトップとして営業や業務を統括する立場にあった人。このようなケースだと、上に社長というトップはいるのですが、実質的には経営者として動いていた経験になりますので、自分の事業をスタートした場合、その経験を活かして同じようなことをすれば、短期間で成功する可能性が高いです。

もちろん、下積み期間なしで成功する人もいますが、レアな存在です。天才ですね。

30代で年収3000万円プレーヤー、何歳で成功したか?

「どちらにせよ、下積み期間が5年程度は存在する」わけです。

事業をスタートして、暗中模索、四苦八苦しながら、下積み経験を5年程度過ごして、ようやく花開いていく、というのがよくあるパターンです。そのため、32歳から35歳で自分の事業をスタートさせて、下積み5年間があったとすると、ようやく花開いていくのが37歳から40歳前後といったところになるのです。

ですので、あなたが同じように、自分の事業を持ち、成功させようと思ったときに、まず考えるべきは「あなたが何歳で、どのフェーズにいるのか」です。

前述したとおり、年収3000万円プレーヤーには時間軸として、3つのフェーズがあります。「フェーズ1:ビジネス経験フェーズ」、「フェーズ2:下積みフェーズ」、「フェーズ3:花開きフェーズ」です。

「フェーズ1:ビジネス経験フェーズ」22~35歳

「フェーズ2:下積みフェーズ」30~39歳

「フェーズ3:花開きフェーズ」37歳~

もし、あなたが30代前半で年収3000万円オーバーを稼いでいる人だとすれば、ものすごく希少な存在です。30代で年収3000万円実現者のなかでも、大抵は30代終盤で実現できるというレベルなので、年齢的にはかなり若く、珍しいのです。

そもそも30代で年収3000万円実現も非常に高いハードルです。このような背景から、30代で下積み期間を経て、30代終盤やそれ以降の年代で花開き、稼いでいくという形になります。

年収1000万円、年収3000万円、年収1億円プレーヤー、それぞれのマインドに違いはあるのでしょうか?

一般的に、年収1000万円プレーヤーは自信家です。平均的な日本人の年収より、高い年収を稼ぎ、大抵の人よりも裕福だからです。自分に自信を持っています。

では、年収3000万円、年収1億円プレーヤーはどうでしょうか?

強烈に自信家です(笑)。ほとんどの日本人の年収より高い年収を稼ぎ、裕福だからです。

ただ、注目すべきは、年収3000万円、年収1億円プレーヤーになる前から、強烈に自信家だったという事実です。

稼ぐようになったから、自信家になったというわけではなく、マインドとして、元から自信家であって、現実が追いついてきたという形です。マインド面では一貫して強烈な自信家ではあるのですが、その一方で、リスクに対する姿勢は性格によって異なります。

リスク許容度と性格の違い

ごくまれにマインド面で自信家ではない人がいますが、おおむね、強烈な自信家であるのが年収3000万円、年収1億円プレーヤー。その一方で、リスクに対する姿勢は性格で違います。

・イケイケドンドン型:ハイリスク・ハイリターン。アグレッシブ。

・リスク回避型:ローリスク・ローリターン。ディフェンシブ。

明らかに「攻め」の姿勢が感じられるのが「イケイケドンドン型」です。年収3000万円プレーヤーだったとすれば、何年か後には年収1億円プレーヤーになっている可能性が高いタイプです。

ただ、ハイリスク・ハイリターンということもありまして、高いリスクを背負っていますから、倒産確率の高いタイプでもあります。夜の街に繰り出す人が多く、ギラギラしていて、バイタリティにあふれたエネルギッシュな人が多いです。

「攻め」ているので、勢いがあります。スピーディに事業が拡大します。比較的短期間で年収3000万円プレーヤーになる人が多いです。

不動産投資でいえば、比較的低い利回りでも、規模の拡大でカバーできるということで、フルローンでバンバン物件を買いまくって、規模拡大していくタイプです。

反対の性格の人が「リスク回避型」です。事業という比較的リスキーなことをしていますが、石橋を叩いて渡るタイプで、失敗しづらいです。

地道に一歩一歩進めていくタイプで、少し時間はかかりますが、着実に前進していくことで、年収3000万円プレーヤーになっています。「イケイケドンドン型」ほどの勢いがないので、下積み期間が長い傾向にありますが、リスク回避型なので、倒産確率が低いです。

不動産投資でいえば、かなり高い利回りで、かつ、できるだけレバレッジをきかさない形で物件取得をしていくタイプです。規模拡大のペースは遅いですが、失敗の可能性は低いです。

以上が「年収1000万円プレーヤー、年収3000万円プレーヤー、年収1億円プレーヤーの違い3つのポイント」です。

あなたは今、どのような状況にあるでしょうか? また、成功の時間軸から見て、どのフェーズにあるでしょうか? さらに、あなたのマインドはどうでしょうか? リスク許容度はどうでしょうか?

あなたの状況や性格を把握した上で、望む人生を実現される一助となれば幸いです。