RCマンションを中心に8棟129室を愛知県に所有し、98%の稼働率で安定した運営を行う安藤新之助さん。年間の家賃収入は1億円を超え、今までに11棟購入して3棟売却、億を超える売却益を得た実績も持つ。ちょうど10年前、当時楽待が開催していた初心者向けセミナー「楽待コミュニティ」に参加していた一人のサラリーマンは、今や総投資額13億円の専業投資家だ。

「私は学校の勉強が嫌いでした。なぜなら、社会に出て学校で習っていることがどれだけ役に立つのかという点に、生意気にも小学生のころから疑問を抱いていたからです」

成績の順位は後ろから数えた方が早かったが、中学、高校では部活のキャプテンを務めるなど人望は厚かった。高校時代は雨が降れば学校は休み、勉強せずに遊び呆けてしまい、なんと成績は学年で最下位。落第の危機に陥り、高校卒業が危ぶまれた。それでも、日頃の人づきあいの良さが効を奏し、周りの仲間や先生の協力で無事に卒業できた。

「とにかく人が好きなんです。性格的に困っている人を放っておけなくて、面倒を見てしまう。反面、私が困っている時もたくさんの人に手を差し伸べてもらって、助けてもらえる事が多かった。今までの人生で応援してくれたその人たちの期待を裏切れない、といつも思ってやっています」

「とにかく人が好き」―――。

他人を拒まず、成功している人、尊敬している人の考え、行動を愚直に真似る。それができて初めて、自分なりの道を切り拓くことができる。建築現場の左官職人、住宅の営業、建築現場の監督、外資系ITメーカーなど、さまざまな職業を経て不動産投資家へ。階段を着実に上った安藤さんの成功哲学に迫った。

「自分は世間の中で通用する人間ではなかった」

「20代半ばでITバブル崩壊に直面したときに思い知らされたんです。景気が傾くと、会社は人を減らす。いくら学歴があっても、役職を持っていても、切られるときは切られるんだ、と」

当時、外資系のITメーカーで、飛ぶ鳥を落とす勢いで営業の仕事をしていた。ライバルメーカーに「安藤は敵に回すな」と言われたほど。しかし、バブル崩壊とともに部署自体が「お取り潰し」に。上司は皆、リストラされてしまった。

幸いリストラの声はかからなかったが、自分ならいけるだろうという自信があり、リストラされる前に自ら会社を飛び出した。しかし、その後の転職活動で世間の厳しさを思い知った。ITメーカーでは全国トップクラスの営業成績を誇っていたが、世間の風当たりは強かった。20~30社の選考を受けたが、先に進むことができたのは1社だった。

その会社もブラックに近い会社でなじめず、1カ月で退職。妻には辞めた事を言う事ができず、作ってもらった弁当を手に、公園や図書館に通った。求人誌の発売日が何よりも楽しみだった。一枚の履歴書を直筆で2時間かけて書いて応募。期待は裏切られ、返却された履歴書は山のようになった。なかなか思うように就職できず、不安と悔しさ、やるせない気持ちばかりが募っていく。生活費は、貯めた自分の貯金を切り崩し妻に渡していた。

生まれたばかりの子供の事を考えると、涙があふれた。「自分は世の中で通用する人間ではなかった」と実感した。

「学歴や資格、職歴に依存したサラリーマン生活は、リスクが高いとわかりました。自分自身がブランドになって、世間でも通用する人間になりたいと思いました」

そんな中、1年ほどバイトなどで食いつなぎながら、さらにブラック企業を経て、何とか運よく業界最大手のハウスメーカーに就職が決まった。実はこの会社は一度、不採用になった会社。一度落とされた会社には再度応募しても合格しないと言われていたが、ダメもとでチャレンジすると、なんと合格。運よく採用担当者が前回と同じで、熱意が伝わった事が合格の要因だった。あの時の感動はいまも忘れることはない。

その後は安定した生活を手に入れ、一戸建てのマイホームを購入して穏やかに過ごしていた。そんなとき、書籍でお金儲けの神様と言われた邱永漢の金銭哲学に触れ、ロバート・キヨサキの『金持ち父さん 貧乏父さん』に出合った。

「邱永漢先生の金銭哲学の本は人生の要になっています。また『金持ち父さん 貧乏父さん』で『持ち家は投資でも資産でもなく、負債である』という考え方を知ったときはハンマーでぶん殴られたような衝撃を受けました。俺は貧乏父さんなんだ! と」

持ち家のローンや修繕費、固定資産税は維持費で、財布からどんどんお金を持っていってしまう。一方、お金を財布に入れてくれるものが「資産」となる。新築のマイホームを建て、この先安泰だと優越感に浸っていた矢先にこの考え方と出会い、このままでは「一生お金に恵まれない人生になる」と実感した。そこで選んだのが、不動産投資だった。

知識を求め、セミナーに足繁く通った。当時、月の小遣いが2万円ほどだったが、足りない分は貯金を切り崩し、遠方のセミナーや高額なセミナーでも、得られるものがあれば学ぶことに労力を惜しまなかった。

「無料のセミナーが悪いわけではありませんが、それが集客に使われているケースもあります。有料のセミナーは、金額の分、中身が本質的。初めて参加したセミナーは、1泊2日で12万8000円でした」

当時の相場として高額だったが、参加したことは後悔していない。「これだけ使えばなんとかしないといけない」という気持ち、そしてセミナーに通い学び続け、同じ志をもった仲間と知り合い、情報交換することが物件取得のモチベーションになった。

学ぶ中で最も大事にしたのは、「自分の理想を実現しているメンターを持つ」こと。そして、「メンターの思考や行動をインストールする」ことだ。

「先日、私のメンターである松村裕一さんにお会いした時にも『安藤さん、俺が言ったこと全部やるんだもん』と言われました(笑)」

メンターを決めて、その考えをインストールし、行動に移す。最初に立てた目標である「6棟所有、家賃収入6000万」も、松村氏が投資初期に立てたという目標に倣った。「学ぶ」と「真似る」はいずれも「まねぶ」という古語を語源とするが、それを愚直に実践した。メンターから学んだ知識や考え方を、自分の行動に反映させる、ということを繰り返しているうちに、おのずと先が見えてきた。

次のページサラリーマンへの風当たりが強かった10年前