(※画像はイメージです)

トランクルームやシェアオフィスなど、個人が活用するレンタルスペース需要は徐々に市場を伸ばしつつある。空き家が増加し、人口が減少している日本では、賃貸住宅の需要がすでに頭打ちを見せている場所もあるだろう。

そんな中、注目されている形態の一つに、個人向けのレンタルスタジオサービスがある。個人や趣味の仲間で写真を撮りたいという人がスタジオを借り、きれいな背景の前で理想の写真を撮影する。そこで今回は、コスプレイヤーに特化したレンタルスタジオ」の収益性について考えてみたい。

「コスプレイヤー向けレンタルスタジオ」とは

世界的にも注目を集める日本のサブカルチャー。海外でも人気が高い日本のアニメやゲームコンテンツを楽しむファンの中には、キャラクターと同じ衣装を着て楽しむ「コスプレイヤー」と呼ばれる人々がいる。近年は仮装用の衣装を来た若者が多数参加するハロウィンイベントもすっかり定着し、「コスプレイヤー予備軍」ともいえる人々も年々増加している。

現在、コスプレイヤーの人口はどの程度だろうか。国内最大級のコスプレイヤー向けSNSである「コスプレイヤーズアーカイブ」の登録数は34万人を超えている。コスプレイヤーの大半は10~30代の女性であり、男性の割合は少ない。一方でこのSNSに登録をしている人間にはカメラマンもいるため、カメラマンは男性の割合が高くなる。

ただ、コスプレイヤーという人々は「衣装を着て楽しむ」だけではなく「キャラクターに扮した自分たちを撮影して楽しむ」という文化を生み出している。写真を一枚の作品とするには、衣装を着てキャラクターになりきるだけではなく、作品の世界観に沿った背景が必要になる。

普通の写真館で撮影すれば、「ホリゾント」などの背景で個人をきれいに映し出すための写真は撮影できるが、ファンタジーやホラーの雰囲気を演出する、凝った背景を設けている写真館はほぼないといえる。そこで、アニメやゲームの世界のような背景、セットを用意したコスプレイヤー向けのレンタルスタジオが生まれてきているのである。

アニメやゲームのキャラクターになりきって撮影を楽しむコスプレイヤーは多い

次のページコスプレイヤー人口は30万人超