写真© beeboys-Fotolia

2017年は波乱含みと言われながら、蓋を開けてみると、まあ、大過ない普通の1年でした。トランプ大統領による不確実性の上昇、北朝鮮問題などありましたが、騒いでいるのは日本のメディアくらいですかね。昨年はよく海外にも行ったのですが、ぜんぜんニュースは流れていませんでした。本当のところはどうなのでしょうか。

それよりも、驚いたのは仮想通貨の暴騰ですね。ビットコインは12月初旬にやっと1BTC=100万円になって騒いでいたら、すぐあとに200万円超えです。各国紙幣を刷りすぎて、低金利で投資先もないので、資金が流入しているのでしょうか。投資のハードルが低いので小口資金も流入しているのでしょう。今は日本人が最大の投資家になっているようです。(ま、私は投機だと思いますが)チューリップバブルのようにならないと良いのですが、行く末は神のみぞ知るといったところでしょうか。

さて、不動産投資です。不動産も融資がつきにくくなっていますが、それでも融資は出ます。一方、価格は高騰したままです。なかなか下がらないですね。それでも、私は淡々と買っていく予定です。昨年は茨城で戸建2戸と一棟物件を買えました。都内も買付を入れましたが、残念。2番手で届かず、といった結果でした。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む