写真© beeboys-Fotolia

前回「失敗談の帝王・加藤隆にも、たまにはある成功談」(区分マンション編)に引き続き、過去を振り返りながら、成功談(一棟モノ編)の一部を御紹介させて頂きます。

一棟モノに進出、「一国一城の主」に

【札幌:真駒内長屋】

2003年9月購入。初めての長屋型物件です。専用の土地が付いています。現金購入で、利回り25%で、4年間で回収しました。この物件をきっかけに、一棟モノに興味を持ち始めました。購入価格は195万円です。

【博多駅近新築一棟アパート】

2005年6月購入。この物件から、一棟アパート(新築)に進出しました。一棟モノについては「一国一城の主」という感じです。

区分所有マンションの共有持分と違って、土地が専用な為、建替え等が比較的やり易いです。資産価値も高く、融資受けも有利です。管理組合の管理費・修繕積立金制度も無い為、自分でコントロールし易いです。

【名古屋駅近新築一棟アパート(その1)】

2005年9月購入。名古屋に進出です。名古屋は中部地方の中心地。自動車産業等工業の街です。その後、セントレア空港・愛知万博・名古屋駅再開発と、ますます栄えました。2027年には品川―名古屋駅間でリニアも開通します。陶磁器で有名な「ノリタケの森」の隣ですが、ショッピングモール計画もあります。

尚、この物件のローンは、1年間程度の返済実績を積んだところで、金利を引き下げて頂きました。

【名古屋駅近新築一棟アパート(その2)】

2008年5月、引き続き、名古屋駅そばにいい土地が出たので、購入。60坪の畑(地目・実体共に)を、相続絡みで叔母と甥の関係のお2人が30坪ずつ相続されていました。その後、お2人から纏めて土地を購入し、地目を宅地にし、整地し、アパートを新築しました。この物件、退去前に次の入居者の方が家賃アップで決まるほどの人気ぶりです。

その人気ぶりの秘訣としては、名古屋駅に近い高級住宅街エリアであること、デザインマンションであること、しかしながら、家賃をリーズナブルな価格設定としていること等かと思います。

この物件のローンも、1年間程度の返済実績を積んだところで、金利を引き下げて頂きました。

実は、借り入れ当初からそういった交渉をしていました。きちんと返済実績を積んでいったところで、今後の新規案件等のお付き合いも想定し、不動産会社経由で交渉。無事、金利の引下げをして頂きました。

次のページアベノミクスで資金調達しやすくなり…