築古のボロ物件を取得してリフォームしていくにつれ、DIYの魅力にはまっていく大家さん達がいる。

最初はDIYが上手な先輩大家さんのブログや物件見学会に触発され、自分もやってみたくなり、壁紙を貼ったりペンキを塗ってみたり…。すると、ボロボロだった物件が少し綺麗になったことが嬉しくなってくる。材料費しかかからないため、業者に依頼するより安く済む。

壁紙の貼り合わせがズレた部分をコーキングで誤魔化したり、床に貼るクッションフロアの端がうまく切れずにガタガタだったりと、初心者ゆえの失敗もあるが、モノづくりが好きな人ならたまらない。より高度な技術を持つ先輩大家さんに教えてもらったり、自分の物件で試行錯誤したりしながら上達していくのだ。

今回は、そんなDIY好きな大家さんのために、女性でありながらプロ級の腕前を持つDIY大好き大家の「ちゃーみー」さんが企画した、電動工具「丸ノコ」の使い方講習会に参加した。手でノコギリを挽くよりも早く簡単に材料を切断できる丸ノコを、安全に使用する方法を知って、DIYの幅を広げる方法を学んでいきたいと思う。

丸ノコで何ができるのか?

「丸ノコ」とは、電気モーターで円盤型の「のこ刃」を高速で回転させ、木材などを切断する電動工具。手でギコギコとひくノコギリよりも早くきれいに、力を入れずともラクに切断することができる。

丸ノコが使えるようになると、物件の収納スペースをアップするために手作りの棚を作ったり、和室の壁に壁紙を貼る下地として、ベニヤ板や構造用合板、石膏ボードなどを壁に打ち付けたりする際、それらの材料を大量に切断するのに大変便利なのだ。しかし、ケガをする危険性も高い電動工具なので使うことに躊躇する人も多い。

さまざまな種類がある丸ノコ

「ちゃーみー」さんの本業は医療職だが、過去にモトクロス・バイクの選手だったことからバイクなどの整備が得意。数年前に大家業を始めてからDIYにハマり、20戸強の物件を所有する今では、かなりの部分をプロに頼らず自分でリフォームしている。最近3台目の丸ノコを購入したので、使いこなすことができれば便利な丸ノコの魅力を他の大家さんにも知ってもらおうと、講習会を企画したという。

講習会の講師は大阪府にある建築会社の若き経営者「ダイちゃん」。ちゃーみーさんが3台目の丸ノコ購入時に、どれを買ったら良いかをプロとしてアドバイスしてくれたそうだ。もう1人の講師は、ダイちゃんと一緒に仕事をしている大工さんで、なんと本名も「大工さん」。この2人が今回はボランティアで講師を務めてくれた。

講習会の会場は、ちゃーみーさんが購入したばかりの平成築の戸建。駐車場付きの4LDK、80平米強で、2階にはロフトもある。とても広々として状態の良い物件だ。ちゃーみーさんによると、相場の半額ぐらいで購入できたと言う。

DIYする前の「ビフォー見学会」も兼ねたこの日の参加者は、男性大家さん1人と7人の女性大家さん。築古ボロ物件ではないのに安く手に入れることができたちゃーみーさんの手腕に、参加者から称賛の声が上がっていた。

今回ちゃーみーさんが安く買うことに成功した理由は、同じ不動産屋さんから過去、何件も物件を購入しているので新しい売り物件情報が早く届いたこと。しかも、所有者の高齢女性が施設に入ったので、自宅を賃貸に出したものの入居者が決まらず、かさむ維持費に耐えかねて急に売却へと方針転換したという事情もあったようだ。

丸ノコにも種類がいっぱい

一通り物件を見学した後、講習会が始まった。ダイちゃんからお手製の資料、「丸ノコの種類」と「丸ノコと一緒に使うと便利な道具」の2種類が配られた。

丸ノコの種類は大きく分けると2種類ある。家庭用コンセントから電源を取るコード式のものと、バッテリーで動く充電式の丸ノコだ。そして、粉塵を吸い込む防塵タイプや大きめの卓上タイプなどもあり、今回は講師2人が様々な種類の丸ノコを7台持ちこんでくれた。

まずは、実際にダイちゃんが35ミリ角の木材や構造用合板(ベニヤ板を何重にも貼り合わせた合板)など厚さのある材料を切りながら、それぞれの丸ノコの特性を説明する。

「これが電気コードがついたタイプの一般的な電気丸ノコです。いろんな厚みや大きさの木材を切ることができ、専用の刃を装着すれば石膏ボードや金属を切断することもできます。刃を傾ければ材料を斜めに切ることもできて、のこぎりで切るよりも早く正確に切ることができます。そして丸ノコを安全に使うには、切りたい材料の厚みを見て、丸ノコの刃が材料よりも少し多めに出るように調整して切ってください。刃が多く出過ぎると危ないので、少し多め、ぐらいにね」

一般的な丸ノコ(左)と、造作用精密電気丸ノコ(右)

「この『造作用精密電気丸ノコ』も電気コードがついているタイプです。さっきの丸ノコとの違いは、こちらは円形の刃のギザギザの数が一般用よりも多く、回転も速いので、精密な加工ができることです。和室など、木材の加工がよく見える部分の造作用に使うものです」

次に紹介してくれたのが、バッテリーで動く充電式の丸ノコ。電気コードがないコードレスタイプなので、行動に制約がなくて便利だ。サイズは電気コードがあるタイプより小さめなので、パワーが少し落ちてしまうが、代わりに音も静かだ。

「このタイプは、まだ通電していないリフォーム現場や、電気コードが届かない床下で床を支えている束(つか)などの木材を切る時に重宝するんですよ」

そして、粉塵を吸い込んでくれるのが防塵丸ノコ。今回ちゃーみーさんが3台目の丸ノコとして購入したのもこのタイプだ。

防塵丸ノコ

丸ノコは切断中に木屑などの粉塵が大量に空中に舞うため、吸い込まない様にマスクなどが必須だ。ちゃーみーさんは、壁や床に貼るためのベニヤ板や構造用合板を切る際に、今までは毒ガスマスクのような頑丈な防塵マスクをつけ、完全防備していた。しかし本職が医療職なので、そこまで対応しても微量の木屑を吸い込んでいるかもしれないという不安や、作業場の部屋が木屑だらけになってしまい、DIY後の掃除が大変なことに悩まされていた。

ヘルメットと防塵マスクをして、丸ノコの使い方を教わるちゃーみーさん

「ある日、他の凄腕DIY大家さんが防塵丸ノコを使っているのを知ってから、ずっと欲しいと思っていたんです」と話すちゃーみーさん。

防塵丸ノコは集塵ノズルを専用の掃除機に接続させるので、切断した時の粉塵が掃除機にそのまま吸い込まれ、粉塵まみれになることなく作業できるという優れもの。

今回、ちゃーみーさんはこの防塵丸ノコと専用掃除機をセットで購入するにあたり、どの機種がいいかをダイちゃんに相談したというわけだ。選んだ丸ノコは、今までのモノよりかなり小さなサイズにしたが、軽くなったおかげで長時間使っていても疲れづらいこと、回転数が多いため切り口が滑らかに美しくカットできるようになったと、ちゃーみーさんは大変満足している。

ただ、丸ノコの電気コードと集塵機の電気コード、そして、丸ノコと集塵機をつなぐノズルと、ヒモ状のものが3本もあるため、「作業中に丸ノコの方向を変えたり、場所を移動して切ろうとしたりすると、これらが邪魔になってイライラしてしまうんですよ!」とダイちゃん。

その悩みを解決するため、防塵丸ノコにもコードレスでノズルがないタイプもある。実物を見せてもらうと、刃が小型でコンパクトだ。

コードのある防塵丸ノコ(左)と、コードレスタイプ(右)

「掃除機と接続していないから、作業しやすいです。でも、木屑が収納できるのは、丸ノコ本体についているこの小さなケースだけ。たくさん収納できないので、大量の材料を切ることができないんです」とのこと。こまめに屑を捨てる手間はあるが、少量の材料を切る場合は、粉塵まみれになることなく便利だ。

大けがの懸念も…安全な切り方、道具は

丸ノコは使い方を誤るとプロの大工さんでも指を切ったり、太ももを傷つけたりしてしまう。早く正確に材料を切ることができるようにと、丸ノコの安全カバーを外して使っている場合や、2m近いような長い材料を切る際に、自分の身体の位置を変えずに最後まで切ってしまう時に事故が起こる場合があるそうだ。

ダイちゃんは、「片方の手で材料が支えられなくなるほど長い材料の場合は、切り終わった部分の遠くを片方の足で踏み、丸ノコが進む方向には絶対に手を置かないこと」とアドバイスする。

ケガを防ぐため、木材を足で押さえる

そして、初心者にも上級者にも安全な丸ノコとして、卓上で使うスライド式丸ノコを紹介してくれた。DIY教室やホームセンターなどにも設置されているタイプとのこと。プロは5年に1度買い替え、お下がりさせた古い方の丸ノコは、下地や床下など人の眼に触れない部分の木材を切るそうだ。

「ジグソー」

「レシプロソー」または「セーバーソー」は、小さなノコギリが電動でギコギコ動いて切断してくれるタイプの工具で、天井を解体する時などのリフォーム時にはプロには必須のアイテムとのこと。大家さんにとっても、小さなスペースしかなくて大きな工具が使えないところを切断するのに便利だ。

同じくプロの必需品と言われる「マルチツール」は、先端の刃を交換することによって、切断・剥離・研磨など様々な作業を1つの電動工具で対応する。工具が振動するだけなので、巻き込みなどの事故がなく、初心者にも安全。交換する刃の価格が高いのが難点だが、手作業では時間のかかるコーキング剥がしや木材の研磨などとても便利な工具だという。

「セーバーソー」

「マルチツール」

次に、丸ノコと一緒に使うと便利な定規についても教えてもらう。30cmほどの小型な三角定規は、幅の狭い材料を切断するのに都合が良く、切りたい材料に押し当て、定規を握って材料と一緒に固定しながら切断することができる。Lアングル定規は、1mぐらいの大きいサイズがあり、取っ手がついていて握りやすい。幅のあるコンパネや石膏ボードを切るときに重宝する。

大きなLアングル定規

フリーアングルは定規の角度を自在に変えることができるため、屋根の勾配などに合わせて斜めに切断できる。T字定規(わき定規)は丸ノコのベースに取り付け、材料の側面に定規を沿わせて平行に材料を切断する。主に縦方向に材料を切断する時に使われる。 リフォームで大量にベニヤやコンパネを切ってきたちゃーみーさんも、今まではフリーハンドで真っ直ぐに切れずに苦労していたため、プロが使う便利な定規に目が釘付けだった。

しばし休憩した後、安全な「卓上スライド丸ノコ」を使って、各自が実際に35mm角材をサイコロ状に切ってみた。

ダイちゃんが持参した卓上丸ノコはレーザーマーカーがついているモデルなので、切るべき線がレーザーで照射され、その線に沿って材料を切ればよいだけだったので大変使いやすい。

レーザーの線に沿って切断できる「卓上スライド丸ノコ」

一般的な丸ノコは、切断中に木の節などに固いところに当たると丸ノコが押し返されてしまって手を怪我する危険性があるが、卓上スライド丸ノコは跳ね返らないので安全だ。

女性大家さんも少し緊張しつつ、卓上ミシンで布を縫っていくような感じで丸ノコに挑戦することができた。角材を立方体になるように切断。スライド式なら斜めに切るのも怖くないので、二等辺三角形の形にも楽々とカットできた。立方体を何個か重ね、三角屋根も載せて、積み木のようなかわいい木の家ができあがった。角材の真ん中に直径10mmぐらいの穴をあけてもらい、印鑑立てを作る大家さんも。

丸ノコ上級者のちゃーみーさん達は、薄い木板を斜めに切って「窓枠の角の化粧板にしよう」「額縁のように加工して物件の壁に設置しよう」と、嬉しそうに卓上丸ノコを使っていた。

「今回はダイちゃんが、リフォーム現場でケガをする場合の状況を教えてくれたのが勉強になりました。一般的な丸ノコは、夫から『危ないよ』と心配されているので、安全な卓上スライド式丸ノコはいいですね! 後はどれだけ自分でDIYをしていくかです。道具を揃えていくとお金もかかりますし、重い石膏ボードを一人で2階に運ぶのは体力が要りますしね」

もう一人の兼業女性大家・Bさんは「3年前は壁紙を貼るしかできなかったんですが、今は和室から洋室に変更する床作りもやってみたくなって、先輩大家さんから色々教えてもらって技を磨いている途中です」と話す。自宅に小さな丸ノコがあり、畳を処分した後の床に貼る構造用合板などを切っているそうだ。最初は恐る恐る使っていたが、慣れたらできるようになり、もっと上手に使えるようになりたいと思い参加した。

「丸ノコの定規は便利だったので、買おうと思いました! 真っ直ぐ切ることができず、隙間ができてしまった部分を今まではパテを塗ってごまかしていましたが、今回きちんと丸ノコの基礎を学ぶことができたので、『丸ノコ達人』への一歩になったと思います(笑)」

驚いたことに、今まで丸ノコを使ったことがない女性大家さんでも、なぜか自宅や実家に丸ノコがある人が多かった。理由を聞くと、「田舎に住んでいるので、便利だろうと思って誰かが買ったものの、結局使わずに仕舞い込んでいたみたいですね(笑)」。 とはいえ、今日の講習終了後は、普通の丸ノコを使うより、安全で使いやすい卓上スライド式丸ノコがぜひ欲しいという声が多数上がっていた。

丸ノコの値段は、ダイちゃんがおススメするレベルだと、コードありの一般用丸ノコ2~3万円、造作用精密電気丸ノコ3~4万円、防塵丸ノコ2~3万円、コードレスタイプだと充電式丸ノコ2~3万円、充電式防塵丸ノコ3~4万円ぐらい。

卓上スライド式丸ノコは4~6万円することと、置く場所も必要なので、まずは近くホームセンターの工房に行って体験してみたいという人が多かった。工作室の存在は知っていても、使用方法がわからず入室するのに躊躇していた女性大家さんもいたが、これで少し自信がつき、自分でもカッコいい作品を作ろうと決意した人もいた。

企画したちゃーみーさんは既に丸ノコのベテランだったが、今日の講習会は大変ためになったという。DIYを探求していくと、どんどん良い道具が欲しくなっていくものだが、今の自分のレベルと到達したい作業のクオリティーを考えると、どれを選んだらいいのか分からず迷ってしまうのだ。

もちろん、DIY 好きな大家さん同士との情報交換も有意義なのだが、プロからのアドバイスは非常に貴重だったという。「ホームセンターで見てもわからなかった工具の使い方がとてもよくわかり、現場での具体的なケガの例も教えてもらえていたことがありがたかったです。卓上スライド丸ノコの使い方もとても参考になったので、できればこれも買いたいですね!」

こんなおまけも

実はもう一つ、丸ノコ講習会の意外な副産物があった。ちゃーみーさんは、この物件の古い洗面台を捨てて新しい洗面台を設置しようと思っていたのだが、それを聞いた女性大家さんが「じゃあ、古いのをもらって帰ってもいいですか?」。

処分にも費用がかかるため、ちゃーみーさんが喜んで提供すると伝えると、その大家さんは早速洗面台を壁から外しにかかった。ところが、壁の水道栓と洗面台がしっかり固定されていてなかなかはずれない。外すための専用道具も持っていなかったが、ちょうど丸ノコ講習会で使っていたマルチツールを使い、とりはずすことに成功した。

マルチツールを使って洗面台を外す作業

元々、洗面台の上の部分は断線していた照明コードをちゃーみーさんが修理して、別の大家さんに今日あげることになっていたという。これで、古い洗面台の上部・下部がそれぞれ別の物件で再利用されることになった。リフォーム時にはゴミ処分代がかなり高くつき、頭痛の種なのだが、DIYを通じて再利用できたことで、地球にも優しく、費用も安く、処分したい人&欲しい人の助け合いもできて、「三方よし」となった。

DIYのメリット・デメリット

物件のリフォーム費用は結局のところ、職人さんの人件費と材料費だ。DIYで自分がやれることが増えれば、プロに頼む人件費は少なくなる。しかし、サラリーマン大家や自営業をしながらの兼業大家の場合はDIYをする時間が限られることや、当然ながら出来上がりのレベルがプロとは違うので、そこをどう見るかだ。

プロ級の腕前を持ち、趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでいる大家さんもいる一方、自分が費やす時間と費用、出来上がりの質も含めてのコストパフォーマンスを考えて、あえてプロに任せるという大家さんもいる。

例えば、壁紙ではない古いタイプの繊維壁や砂壁の和室で、イメージを一新するためにイマドキのおしゃれな壁紙を貼るというリフォームをする場合。

壁紙を貼れるようにするには、ベニヤ板や構造合板、石膏ボードなどを下地の捨て板として、それぞれの壁のサイズに合わせて切断し、打ち付ける作業が必要になる。

例えば、5.5mmの厚さのべニヤ板を和室6畳の壁に貼る工程をプロに頼んだ場合には、単価3300円/平米×22平米で約7万3000円(消費税含む)かかる。

もし大家自身がホームセンターでベニヤ板などを購入し、ホームセンターで借りた軽トラックに積んで帰り、丸ノコで壁のサイズに合わせて切って打ち付けると、ベニヤ板の材料代が1100円/枚×14枚なら1万5400円ほどで済む計算だ。

しかし、丸ノコを初めとする工具類や、打ち付ける釘やボンドなどの消耗材が必要なのと、その作業をする時間の確保とスキルが重要だ。

どこまでDIYするか、そのために自分のDIYの腕をどこまで磨くかは、その人の考え方次第と言えるだろう。できることが少しずつ増えていくのは楽しいし、材料などのコストがわかり、知識と経験が増えるので、業者さんとの意思疎通がしやすくなるという利点がある。

とはいえ、少しずつ電動工具などを買い揃えたり、材料の買い間違えたり、あるいはその失敗のリカバリーで高くついてしまう場合もある。プロでも材料の発注間違い等が生じるのだから、ある程度の失敗は仕方がないだろう。

DIYで家賃アップにつながるというよりも、多くの時間をかけて安く仕上げたことでの利回りアップや、もし家賃を多少下げて貸したとしても耐えられることはDIYの強みだ。後は、自分の時間をどう考えるか。DIY(Do it yourself)の醍醐味は自分でやることなので、他の趣味に時間を割くことを考えると、大家業ならでの実益を兼ねたDIYの魅力にはまってみるのも悪くない。

(野原ともみ)

〇取材協力
「不動産投資をとことん楽しむ♪」
https://ameblo.jp/charmy1201

「現役大工!ダイちゃんのお家は快適に住もうぜ!日記」
https://ameblo.jp/daisuke1258