この時期、すべての不動産投資家が行わなくてはならない「確定申告」。一度行ってしまえば要領もわかるが、昨年初めて物件を購入したという「新米投資家」の中には、人生で初めて確定申告を行うという人もいるかもしれない。

一見しただけではどのように書けばいいのかわからないことが多そうな不動産投資家の確定申告。今回は税理士・司法書士 渡邊浩滋総合事務所の渡邊浩滋先生に、昨年、晴れて大家デビューを果たした楽待スタッフの馬場が、一欄ごとに確定申告の書き方や、注意すべきポイントを教わった。

開業前のリフォーム、経費の項目に注意

馬場 本日はよろしくお願いします!

渡邊 よろしくお願いします。早速ですが、まず必要な書類を拝見しますね。物件の契約書、諸費用の領収書、それと登記簿謄本。うん、必要なものはありますね。

馬場 ちなみに、登記簿謄本は何に使うんでしょうか?

渡邊 築年数を見ます。それによって耐用年数を決めるので、大事なんです。売買契約書には築年数が書いていない場合もあるので、謄本で確認しましょう。

馬場 なるほど。

渡邊 購入したのが3月、入居がついたのが8月ですね。8月までの間、リフォームはしていますか?

馬場 はい。全部DIYでやっているので、細かい領収書なんですが、大丈夫でしょうか。

渡邊 領収書は問題ないですが、その金額や項目は、エクセルなどですべて集計することで、帳簿をつけなくてはいけません。

領収書を部材と開業費に分類(音声なしでもご覧いただけます)

▼ポイント▼

部材や開業費を修繕費に入れるケースはありがちだが、実は間違い! 賃貸開始前のこうした費用は修繕費とは別に計上する。

・部材…賃貸開始前のリフォームに必要となった壁紙や材料費など
・開業費…賃貸開始前にかかったセミナー代やコンサルティング費用など

馬場 教えてもらった通りに分類して、エクセルで集計しました!

渡邊 これでOKです。いよいよ記入ですが…その前に一つ確認です。今回青色申告をするということですが、「青色申告承認申請書」の提出は済ませていますよね?

馬場 はい、もちろん!

渡邊 受付印が押された控えはお持ちではないですか。

馬場 控え…? 提出時、ネットで調べたら1枚の申請書を書いて郵送すればいいと書いてあったので、そうしてしまいました。

渡邊 郵送でこの申請書を送る場合には2枚送って、1枚は返送用封筒をつけるんです。そうすると受付印を押して返送してもらえます。そうすると、「受理されたかどうか」が確認できます。

馬場 え、じゃあダメなんですか!?

渡邊 いえ、ダメというわけではありません。ですが、確認のためにはやっておくほうがベターです。これは、確定申告の郵送の時も同じです。控えは必ず送って、受付印を押してもらって返送してもらうようにしてください。今回は、おそらく受理されているでしょうということで、大丈夫です。

次のページ不動産収入を記入…退去があったらどう書く?