写真© Олександр Луценко-Fotolia

私が監修している物件では、新たな入居者さんのウエルカムパーティーや、家賃のクレジットカード払い、インターネット無料など色々なコトを実施しています。今日はたくさんある施策の中から、猫専用賃貸ならではのアイデア「ノラネコ割」について、お話いたします。

「ノラネコ割」と言ってはいますが、実際は入居に際して新たに野良猫や保護猫を迎えた場合、1匹につき5000円を支給する「キャッシュバック」に近いやり方をしています。例えば、入居者さんが新たに野良猫を3匹保護して一緒に住む場合、1万5000円をお渡しする、というイメージです。

「ノラネコ割」をきっかけにして猫専用賃貸を知り、新たに野良猫や保護猫を飼う決意をされた入居者さんは、監修物件に4名ほどいらっしゃいます。

「野良猫を救ってくれてありがとう!」の気持ち

「野良猫を保護する」「保護猫を貰い受ける」のは、簡単にできる行為ではないのです。保護する、貰い受けると決めた以上、その猫が天寿を全うするまで責任を持って飼養する必要があるからです。

0歳の子猫が15年生きたとして、一生に掛かる費用はザックリですが150万円程度と言われています。新たに迎え入れる場合、避妊去勢手術や健康診断といった医療費から、猫トイレなど猫用グッズの用意など、何かとお金が掛かります。「ノラネコ割」は、そんな飼い主さんの懐具合をちょっとだけ支援させていただくという、大家からの「金一封」のつもりでお渡ししています。

「ペットショップで買った猫はどうしてダメなの? 同じ生命じゃないか!」と思われる方もいらっしゃることでしょう(実際、言われたことがあります)。仰ることはごもっとも。どちらも尊い命であることに違いはありません。

皆さんは、日本の野良猫が年間何匹、殺処分されているかご存知ですか? 環境省自然環境局発表の最新統計資料によると、昨年の猫殺処分数は4万5574匹。データを見ていただくと、年々殺処分数は減少、返還・譲渡される頭数が増加と、嬉しい結果になってきています。10年前に比べると、ペットを飼う人の意識が大きく変化してきていることの証拠だと思います。

出典:環境省ホームページ

次のページ「ノラネコ割」を導入したキッカケは?