写真© Freedomz-Fotolia

不動産投資を始めて5年経ったころ、初めての売却が訪れることになりました。それまでは投資規模を拡大すべく、収益物件は購入一辺倒だったのです。

生活に困らない収入を自分で生み出す! 会社に頼らずとも」。つまり、セミリタイヤできる程度の収入を不動産から得ること。これが、当時私が掲げていた目標です。この目標を達成するために、日々私は不動産投資の勉強を重ねながら物件を増やし、投資規模を拡大していきました。

そう思うようになったのは、過去の苦い経験から。当時勤めていた会社の事業縮小(日本からの事業撤退)によって、私は転職を強いられることに。そんな突然の人員整理を経験したことが、私がそこまで不動産投資に夢中になった一つの理由でしょう。

その後も、外資系の会社に転職を繰り返したこともあり、「いつかまた、あの時のような経験をするに違いない!」、そう思っていました。そして数年後、それは現実のものとなるわけですが…。

そんなこんなで物件を買い進めた結果、不動産投資を開始して5年後には、区分4室・アパート4棟を所有していました。その後も物件数を増やしていくものと思っていましたが、あることに気付いてしまいます。それは、初めて購入した区分マンションの収益性の悪さです。

入居者が入れ替わるたびに家賃は下がり、当時その物件から得ていた家賃は2万5000円ほど。駅から近く、立地はまずまずだったものの、建物や設備が古かったため家賃を抑えるほかありませんでした

家賃を犠牲にして早期の入居、つまり稼働率を優先したということですね。その作戦は当たり、退去から1カ月もしないで次の入居者が決まったのですが、この家賃ではやはり儲からない…。管理会社への管理委託費と管理組合への管理費・修繕積立金を差し引くと、手残りは1万4000円ほど。

儲からなかった区分マンション

どうしたら、この物件の収益性は高まるだろうか?

そう考えた時に思いついたのが売却でした。売ってしまったら家賃収入が減ってしまうのではないか? そう思う人も居ることでしょう。そのとおりです。確かに、売った直後は家賃収入が減ってしまいます。しかし、売却した資金を新たな物件の購入に充てれば、収益性の低さに悩まされている物件は、間接的に高収益物件に生まれ変わる可能性を秘めていると考えられるでしょう。

次のページ儲けなくていい、損をしない値段で