物件の購入後に起こりうるトラブルのうち、「雨漏り」に悩むオーナーは少なくない。入居者のいる部屋に雨水が入れば家財などに被害を与えるだけでなく、浸入した水が躯体そのものへのダメージとなる可能性もあり、「たかが雨漏り」とあなどれない。

今回はそんな雨漏りと戦った経験のあるオーナーに、そのエピソードを取材。また、雨漏りに悩まないために、どのような物件を購入すべきなのか、専門家に意見を聞いた。

原因不明の雨漏り…2カ月止まらず

「雨漏りの原因が2カ月あまりわからず、しらみつぶしに調査するのでお金もかかり、本当に苦労しました」と明かしてくれたのは、飯野智司さん(仮名)。

首都圏に物件を持つ投資家だが、雨漏りがあったのは東京23区内に所有する鉄骨3階建てで、1階が店舗、2、3階が住居となっている物件だった。「1380万円で、2011年の3月に購入した物件です。その当時で築22年。雨漏りが発覚したのは、購入して半年くらい経った2011年の夏だったと思います」

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む