「愛知・名古屋は、今後の不動産投資において狙い目である」―。少なからずこんなうわさを耳にしたことのある投資家もいるだろう。楽待編集部が昨年11月に実施したアンケートでも、「一都三県以外の狙い目エリア」として、愛知県名古屋市が第1位に輝いている。

実際、同県在住の投資家の多くも「まだまだ投資先として期待が持てる」と述べる愛知県。しかし、その「愛知ブランド」だけを頼りにすると、痛い目を見るケースもある。投資対象として人気の名古屋で、「失敗の可能性がある」エリアは? 注意すべきポイントとは? その実態を現地取材で明らかにした。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む