写真© shashamaru-Fotolia

みなさん、はじめまして。不動産投資家のパートナーを目指す司法書士法人PEAKS(ピークス) TOKTO(トーキョー) OFFICE(オフィス)の代表司法書士の角野(かどの)と申します。

このたび楽待さんからお声がけいただき、特集コラムを連載させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。今回は初回ということもあり、「そもそも司法書士とは何者なの?」というところからお話したいと思います。

不動産投資をする際に接点がある士業

士業(しぎょう)という言葉は、あまり聞きなれない言葉かもしれません。弁護士、税理士、不動産鑑定士、公認会計士、行政書士、社会保険労務士(社労士)、土地家屋調査士、弁理士など最後に「士」のつく職業の総称で、司法書士もその士業の一種です。

不動産投資をする際、みなさんに接点がある士業は、司法書士の他に税理士、弁護士、土地家屋調査士、不動産鑑定士といったところだと思います。みなさんは、ご自身の周りに何人の士業を置いていらっしゃるでしょうか? 堅実な不動産投資を行う上で、これらの専門家を傍らに置き、中立で確実な情報を得ることのメリットは非常に大きいと言えます。

例えば、司法書士の立ち位置は、不動産取引の安全化・健全化のために不動産取引を監視しながら当事者の権利を守る国家資格者だと私は考えています。不動産投資には売主、買主、金融機関など、当事者が複数おり、各当事者のリスクや利益は相反します。だからこそ、それぞれのリスクを平等にヘッジするためには不動産取引において、司法書士のような中立の立場の者が必要となります。

各士業の業務内容

士業名

主な業務内容

不動産投資との関わり

司法書士

登記代理(不動産、法人)、訴訟代理(簡易裁判所)、財産管理(後見)、相続財産

不動産の売買の立ち合いや登記、法人設立登記

土地家屋調査士

不動産登記代理(建物新築時、土地分筆)と測量

建物新築時の測量や登記、土地の測量や分筆登記、境界立会

不動産鑑定士

不動産の鑑定

不動産鑑定が必要な場合

税理士

税務代理、税務相談、会計

会計事務や所得税、相続税、その他不動産に関わる税の申告

弁護士

訴訟代理、財産管理、その他幅広い代理

訴訟代理や争い事があった時の代理

次のページ各士業の顧問料や相談料について