空き家再生人・広之内友輝が、あなたのボロ物件に突撃!!

 

ガラボロ物件投資家としてお馴染み・広之内友輝さんが、空室で悩める全国の大家さんのもとへ突撃! 今回は、墓地を見下ろす6DKKKの戸建てを購入したという、兵庫県の中田さん(仮名)。

シェアハウスにすることを見込んで購入したものの、運営代行会社と上手く契約できず断念…。その後ほったらかしにしていましたが、使い道はあるのでしょうか?

物件概要

オーナーのお悩み「もう売却しようか…」

シェアハウスにしようと思って購入したので、「1階をシアタールームに」とか「2階にテラスを作ろう」とか夢を膨らませていました。1部屋3万円の家賃で、6部屋で最大18万円になると考えていたのですが…。運営代行会社から「シェアハウスは需要がないから無理だ」と言われてしまい、泣く泣く断念しました。

駐車場もない、川の前にある、墓地と隣接しているなどマイナスポイントも多く、1家族に貸すのは難しいのではと思っています。となると、もう売却するしかないのでしょうか?

物件のヒアリング&外装チェック

前道が狭く駐車場もありませんが、駅から徒歩4分という立地の良さが唯一の救い。しかし庭には草が生い茂り、見るからに「ボロ家」な佇まいに、広之内さんも言葉を失います。

墓を見下ろす戸建て(音声なしでもご覧いただけます)

 

室内チェック

広之内さんが「この企画の中で2度と聞けない間取り」と断言する「6DKKK」の戸建てに潜入!!

6DKKKの間取り

家は傾き、扉は壊れ、階段の手すりもグラグラ…。ほったらかしということもあり、室内もボロボロです。リフォームにいくら掛けて、いくらで貸すか。広之内さんの利回り計算が炸裂します。

「6DKKK」という驚異の間取り(音声なしでもご覧いただけます)

 

次のページシェアハウス以外の活路はあるか