写真© onotorono-Fotolia

個人で不動産投資をしている皆様、確定申告はお済みでしょうか。私も個人所有の物件が多数あり、大変です。頑張っていきましょう。

それから、12月決算の法人があり、法人所有物件が多数あります。不動産投資はどうしても利益が出てしまいますから、納税が大変です。不動産投資の儲けには一切手をつけずに次の資産購入に充てている私ですが、納税したあとはキャッシュがすっからかんになります。

法人も個人も同様で、この時期はキャッシュ不足の時期。1月は源泉の特例納付、2月は資産管理法人の申告納税、3月は確定申告と連続し、7月の住民税と固定資産税の確定までが納税でどんどんキャッシュが流出して、年の後半でやっと息がつける感じです。

みなさん、どうでしょうか? 私は一切贅沢をせず、持ち家もなく、車もなく、ほとんど外食もしないのですが、不動産投資を始めて16年になるのに、まったくウハウハ感がありません。

不動産投資と本業も併せると、平均「年収」の何倍もの納税(平均「納税額」ではなく、平均「年収」の何倍もの納税)をしています。キャッシュがなくなりピーピーいう始末。みなさんは、もっとうまくやってキャッシュリッチになっていますでしょうか?

さて、このコラムを書く前に都内で1件物件を見てきました。このご時世に都内で表面利回り10%の未公開物件だというのです。さて、その顛末を書いていきます。

いまどき表面利回り10%の都内未公開物件とは

時々、物件情報を流してくれる不動産会社さんが複数あります。今回はあまり付き合いのない業者さんからのメールで目が釘付けになりました。なんと、都内23区内物件で表面利回り10%を超えています。さっそく連絡を取って見に行くことにしました。

駅からは遠く、バス便ですが住宅街の中です。近くに高速の出口、小学校、スーパー、病院があり、生活には困らない環境です。昔は商店街だったのでしょう。商店街の看板がありますが、全体に廃業した店舗が多くみられました。

住居側は満室です。鉄骨造りで耐用年数を過ぎています。物件自体の外観は悪くありません。数年前に外壁塗装がされたようできれいです。日当たりも良く、前面道路に面していて角地。悪くない概観です。

しかし、周りを歩くと「石」がありません境界が不明確です。「境界線明示はしてもらわなければ」と思いました。私道の共有持ち分もありました。

物件は1階が2店舗で全空室。2階から上が住居でした。住居部分は満室でした。居住部分の階段を登ると掃除がされていません。売りだしているのに掃除がされていないとは、やる気のないオーナーだと思いました。しかし、汚いのは逆にきちんと掃除して管理すればいいので問題ありません。

次のページ入居しているはずが、数年来空室ではないですか!