写真© Qiteng T-Fotolia

投資用物件の立地選びで重視すべきことといえば、駅からの距離、飲食店やコンビニ、スーパーなどの有無、病院の有無などが一般的なポイントとして挙げられる。これらは同時に「入居者」が重視するポイントでもあり、入居者に求められる条件が揃った物件を購入するのが空室リスクへの対策になることは言うまでもない。

そんな空室リスクを回避する立地選びのヒントとして今回紹介したいのが、「育住近接」という概念だ。

「育住近接」とは、保育園や学童保育等をマンションや団地内に設置した住まいや、小学校、習いごと、学童などと住まいとが近接することを理想とする志向のこと。

リクルート住まいカンパニーの2016年の調査結果では、賃貸物件を選ぶ際に「教育環境」を重視する人の割合が過去最高に達したという。

さらに、同社が子育て世帯に調査したところ、「保育園や学童保育が設置されているマンション」であれば、駅からの距離は許容できるという回答が約35%にものぼった。

これまで、どちらかといえば保育園・幼稚園の付近や隣接地は、騒音や送り迎えの車が頻繁に通るなどの理由で、忌避される傾向にあった。実際に、「普段は気にならないけれど、体調が悪いときなどは子どもの声が癇に障ることもあった」(女性、39歳、IT)という声もある。

しかし、これまで賃貸物件を選ぶ際に重視されてきた「駅からの距離」よりも、保育施設との距離を重視する考え方が浸透し始めている。共働き世帯が増加し、限られた時間で子どもを預けてから出勤する人々からすれば、遠くの保育施設に子どもを送ってから仕事に向かうより、家の近くで預けられた方が時間の短縮になるのだ。

「育住近接」物件を求める意見が多数

育住近接についてどう思うか、実際に選ぶなら育住近接物件と駅近物件のどちらがいいか、子どもがいるもしくは子どもを持ちたいと考えている共働きの夫婦10組に話を聞いた。

育住近接と言葉自体を初めて聞いたという人もいたが、ほぼ全員が賛成という結果になった。

「育住近接の考えが進めば、同じ子育て世代の人が集まってコミュニティを形成していくんじゃないかと思う。そうなると同じような立場の人が近くにいる安心感が得られる。育児はけっこう孤独なので……悩みを言い合ったり、励まし合ったりできる人が近くにいるのは精神的に楽になる気がする」(男性、33歳、フリーライター、子ども1人)

「特に共働き世帯にとっては送り迎えが負担。雨の日などは移動手段も限られるし、子どもが濡れないようにする荷物も増えて大変なので、保育園や学童保育が設置されているマンションのように、外を通らずに預け先に行けるのであればなおありがたいです。2人以上子どもがいると、遠出するのも大変。そういうときに助け合えるママ友や知り合いが同じマンション内に住んでいるのは非常に心強い」(女性、33歳、看護師、子ども2人)

「ただでさえ時短勤務のママにとって、今までお金で買えないとされた時間を買えるとなれば投資としてありだと思う」(男性、34歳、会社員)

「仕事をしながら子育てをしようとすると無意識に育住近接を考えるようになった。毎日のことだから送り迎えの負担は少ないほうがいい」(女性、34歳、事務、子ども1人)

父親、母親どちらが送り迎えするにしても距離は重要。一方で、マンション内に保育園や学童保育があるのではなく、もう少し距離があったほうがいい、という意見も見られた。

「もし揉め事が起こったら地獄だと思う。実際に保育園にもご近所にも気難しい人はいる。それでも、通っている保育園が違ったり、相手のお子さんが幼稚園に通っていたりして、離れることでなんとかうまくいく。便利だけど、子どもの環境も考えると、人間関係は狭くないほうがいいのでは」(女性、41歳、編集、子ども2人)

「育住近接な環境はほしいけれど、マンション内に保育園を……というところまでは求めない。個人的にはあまり魅力を感じない」(女性、34歳、販売、子ども1人)

マンション内に保育園や学童保育があるのは間違いなく便利だが、あまりにも距離が近すぎて人間関係が濃くなってしまうことが懸念されるようだ。

次のページ本音で教えて! 駅近、育住近接、どっちが良い?