写真© Qiteng T-Fotolia

投資用物件の立地選びで重視すべきことといえば、駅からの距離、飲食店やコンビニ、スーパーなどの有無、病院の有無などが一般的なポイントとして挙げられる。これらは同時に「入居者」が重視するポイントでもあり、入居者に求められる条件が揃った物件を購入するのが空室リスクへの対策になることは言うまでもない。

そんな空室リスクを回避する立地選びのヒントとして今回紹介したいのが、「育住近接」という概念だ。

「育住近接」とは、保育園や学童保育等をマンションや団地内に設置した住まいや、小学校、習いごと、学童などと住まいとが近接することを理想とする志向のこと。

リクルート住まいカンパニーの2016年の調査結果では、賃貸物件を選ぶ際に「教育環境」を重視する人の割合が過去最高に達したという。

さらに、同社が子育て世帯に調査したところ、「保育園や学童保育が設置されているマンション」であれば、駅からの距離は許容できるという回答が約35%にものぼった。

これまで、どちらかといえば保育園・幼稚園の付近や隣接地は、騒音や送り迎えの車が頻繁に通るなどの理由で、忌避される傾向にあった。実際に、「普段は気にならないけれど、体調が悪いときなどは子どもの声が癇に障ることもあった」(女性、39歳、IT)という声もある。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む