写真© hanack-Fotolia

最初の戸建てを買ってから1年。私は既に次の物件を探していました。エリアは千葉の自宅から1時間以内に行ける場所。そこで私にとってしっくりきたのが千葉県鎌ケ谷市です。

鎌ヶ谷市が投資対象として絶対にお勧め! …というわけではありませんが、知り合いの大家さんがこのエリアでアパートを建てられたということと、当時私が勤めていたデパートの新入社員が何名かここで一人暮らしをしているとのことで、「家賃はそこまで高くは取れないが、住みやすい町なんだろうな」と、なんとなく思っていました。

毎日寝る前の2時間、ネットで物件探しをするのが日課となっていた私の目に飛び込んできたのは、鎌ヶ谷駅から徒歩11分の戸建てでした。

物件の問合せは「電話」で

翌日、パートの休憩時間に従業員食堂で他の同僚にバレないようにしながら、不動産会社に問合せをしました。

この頃の私は、電話をかける前に物件の所在地、価格、広さ、その他質問事項をノートに書き出していました。まだウブだったので(!?)不動産会社に電話をかけるのが怖かったのです。問い合わせ物件をうまく伝えられなければ、先方がたくさんの売り物件からその物件を見つけ出すのに時間がかかりご迷惑をかけてしまいます。また、緊張すると聞きたいことが吹っ飛んでしまうということもあり、まずはノートに書き出して気持ちを落ち着かせてから電話をかけるようにしていました。

問い合わせ方法として、メールで問い合わせる方法と電話で問い合わせる方法がありますが、私は電話で問い合わせることをお勧めします。それは、声のトーンや話のニュアンスで、その物件の状況がなんとなく読めるからです。そして何よりメールでは後回しにされがちなので、ライバルがいそうな場合は電話の方が絶対にいいです。

お電話したところ、人の良さそうな営業マンであることが伝わってきました。安い物件なので手数料が低く、あからさまに案内を嫌がる営業マンもいますが、「良かったら内見されてみますか?」と言ってくださったので、「まずは第一関門クリア!」と心の中でガッツポーズしました。そして次の休日に、内見させていただくことにしました。

次のページ一目惚れした戸建て