「父ちゃんのおうちはどこにあるの?」――。大家業を始める前、いわゆる「社畜」だった頃にお子さんから投げかけられた言葉だ。

大学を卒業後、10年間に渡って広告業界でデザイナーとして活躍していた小嶌さん。しかし華々しいイメージとは裏腹に、超がつくほどの激務に追われる毎日。会社での泊まり込みは当たり前、平日はほとんど家に帰ることができず、オフィスの床に段ボールを敷いて仮眠を取るような過酷な日々を送っていた。

「一流雑誌のカメラマンと一緒に撮影をしたり、CM制作に携わったりと大きな仕事に恵まれていたこともあり、やりがいは感じていました。ただ、激務にも関わらず収入はなかなか増えなかったんですよね」

当時の年収は約400万円、手取りにして25万円程。手掛けていたのは主に紙媒体のデザインであり、広告が紙からWebへと移行していく中では給料アップなど望むべくもない。将来に対する漠然とした不安はあったものの、日々の仕事に忙殺され、目の前の案件をとにかく片付けていくしかなかった。

「大家業を始めた今だから気が付けたことですが、サラリーマン時代は目の前のことしか見えないんですよね。とにかく忙しいし、立ち止まったら倒れてしまうような怖さもある。今の会社で働き続ける以外の選択肢なんて考えられませんでした」

平日は激務をこなしつつ、週末はそのストレスを吐き出すかのように街に繰り出して派手に遊ぶ――。時には借金の取り立て屋や、繁華街で道行く人に殴られる「どつかれ屋」など過激なアルバイトをしたこともあった。それでもベースにあったのはサラリーマンとしての自分であり、平日になればまたいつものように激務をこなす。そうしていつしか、身も心もボロボロになっていった。

大家業へ転身するきっかけとなったのは「マイホームの購入」だった。結婚後、2人の子供にも恵まれた31歳の頃である。妻の「家がほしい」という言葉に、マンションのショールームやモデルルームに足を運ぶようになった。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む