写真© oka-Fotolia

先日、10年来のお付き合いのある不動産業者Aさんと食事をしました。Aさんは、収益物件を購入したいと熱く語っていた当時の私を「身の程知らずの変人的な人」と思ったそうです(笑)

無理ありません。年収300万円台で、2000万円台の住宅ローンも通すのに苦戦したことを知っていた方なのですから。それが数千万~数億円の収益物件を購入しようとしているわけです。

「この人本当に大丈夫なの?」

客観的にみて理解に苦しむのは当然です。私も住宅を購入した後ですし、金融機関からの与信もないことは容易に想像がつきました。その時代は、今ほど不動産投資に対し世間の理解はなく、他の業者からも同じように思われていました。なかには、業者から叱責を受けた事もありました。

でも私は、生活環境を末永く維持すべく、収益の柱を獲得しようと真剣でしたから、他から何を言われようがまったく気になりませんでした。そういった観点からみても、今のマーケットは情報もたくさんあって恵まれていますね。

さて、今回のテーマは「副業で成功している人・失敗している人の特徴」についてです。

副業で成功している人の特徴は?

私は不動産投資で独立してから、サラリーマンを辞めて独立した人と出会うことがとても多くなりました。また、現在サラリーマンの方から、副業に関して相談を受ける事もずいぶん多くなりました。

副業の目的の大半は「今より稼ぎたい」

それをきっかけに副業を通じて好きな仕事をしたり、スキルを磨いたり、定年後も続けて生涯現役など、様々なスタイルがあります。

いきなり独立起業するよりも、当然ながら副業から一歩踏み出したほうがいい。そう思うのは自然な事。自身の将来に期待し夢をイメージして、一歩踏み出そうとする志はとても素敵だと思います。

では、副業で成功している人はどんな人か?

それは「本業のスキルを活かして副業をしている人」です。そして、本業で結果を残している人

厳しい言い方かもしれませんが、本業で結果が残せずして副業で結果を出すのはハードルが高いという事です。ある有名な週刊誌の記事にも同様の事が書いてありました。私の知る限りでも、不動産投資に限らず本業のスキルを活かして副業をしている人の成功率は高いと思います。

ポイントとして、本業で得た知識、経験を生かすことで「時間」にレバレッジをかけることができる。なぜなら、全くの畑違いの仕事にチャレンジするのは新鮮味があって楽しいかもしれませんが、1からスタートしなければなりません。1から学ぶとなると、知識は得られても実務経験に乏しいので、その部分でハンデを負うことになります。この実務経験のハンデは、インパクトとしてかなり大きいです。

本業を生かした副業であれば、実際に本業で会社に利益をもたらしているのであり、知識、実務経験ともに豊富です。よって副業でも同じように利益をもたらす活動に直結します。業務内容を把握しているので、その分野では失敗するリスクも軽減できるわけです。

次のページでは、副業で失敗する人の特徴は?