近い将来、都市部の住宅地の地価下落要因の一つとして挙げられているのが「2022年問題」だ。生産緑地とよばれる税制優遇の農地の多くがその期限を迎え、農地が住宅用地に転用される可能性が指摘されている。

もし、不動産市場にそうした農地が供給されれば、その影響は決して小さくない。しかし、政府は生産緑地に関する法律を改正、農地を貸しても、税制優遇が受けられるようにした。そこで、俄然、注目されているのが、レジャーとしての農業。特に、小さいながらも畑が借りられる市民農園が大人気だ。

生産緑地法の改正で市民農園が増える?

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする