アベノミクスや金融緩和の影響を受け、高騰を続けてきた不動産価格。しかし、行き過ぎた融資に金融庁が「待った」。不動産バブル崩壊の足音が聞こえてきているという見方もあるが、本当に訪れるのだろうか?

2018年某日に開催された「楽待コラムニストの会」。そこに集結した不動産投資家の中から、48人に意見を聞くことができた。その模様を、動画でお届けする。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む