写真© beeboys-Fotolia

私は、1982年(23歳)からサラリーマンになりました。

1990年(32歳)平成バブル崩壊迄は、日本も未だ成長しておりました。そのためか、「24時間戦えますか?」といった感じです。まさに、24時間365日勤務といった状態でした。酷い時は1カ月連続朝帰り、休日無しといった時もありました。

毎朝9時に出勤。昼は皆で昼食。夜は7時になると皆で連れ添って、社員食堂で残業食。その後は、皆で残業。そして夜遅くになると、又、皆で連れ添って飲み。ほとんどは、仕事の話です。寮には寝に帰るだけです。そんな毎日が続くのです。まさに、勤め先だけが全ての世界といった感じです。

今でこそ「ワーク・ライフ・バランス」「働き方改革」などと言われていますが、昔はそういった発想はありませんでした。そんなことを言おうものなら、村八分にされてしまいます。

私はと言えば、色々なことに興味を持ち、多趣味で、時間も有効活用したいと思っていましたが、そういった感じでしたので、社風や上司・先輩・同僚等とも考え方があわない点がありました。

そして、サラリーマンというものは、人と違う考え方や行動を嫌う習性があります。

サラリーマンには時間が無い

しかし昨今、いくら「ワーク・ライフ・バランス」「働き方改革」などといったセリフが流行ったとしても、所詮、サラリーマンには時間がありません。サラリーマンは、自分の時間と体を売ってなんぼだからです。

ところで最近は「副業禁止」から「副業解禁」の動きが出始めています。これは裏を返せば、国も企業も、国民・従業員の面倒を見切れなくなっているから、自分でなんとかしろというメッセージなのでしょう。

もともと、「副業禁止」というのは、ライバル会社等に企業秘密を漏らしたりすることを避ける競業避止義務であり、あとは肉体労働などで体を酷使して、遅刻・欠勤等に繋がるということを避ければ大丈夫と言われています。

しかし、他社で同じように労働提供型で働いたとしても結局は同じことであり、発展性はありません。

資産運用としては、外国為替、貴金属、株等がありますが、何れも市場・相場があり、24時間、世界中のどこかで市場が開いており、それこそ24時間365日、見張っていないといけません。時間の無いサラリーマンには難しいです。

その点、信頼できる不動産業者に業務委託できる不動産経営は、自動操縦でき、サラリーマンに最適だと思います。

次のページサラリーマンの時間の作り方とは