写真© ktsz-Fotolia

少子高齢化で年金はあてにできない。かといって年収は思うように上がらない……。こうした背景から、将来に希望が持てないという20代は少なくない。そんな若い世代が、副業や投資に関心を持つのはごく自然な流れかもしれない。

そこで今回は、20代で大家となった3人の投資家を取材。若くして不動産投資を始めることにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、また実践している投資手法などについて話を聞いた。

非正規社員のハンデを乗り越え22歳で大家さんに

1人目は、楽待コラムニストでもある奈湖ともこさん。アパートを2棟、戸建て3戸を所有し、現在のキャッシュフローは月30万円というOL大家さんだ。20歳でお母さんとともに不動産投資セミナーに参加、そして22歳のときに初めての物件を購入している。現在は不動産投資を始めて5年目だ。

「投資を始めたきっかけは、タワーマンションでの一人暮らしに憧れたことです。それを母に相談したところ『贅沢すぎる』と大反対されました。でも私は言いだしたらきかないタイプ。過去には高校を中退したり、その後せっかく大検を取って進学した大学も辞めてしまったりと、親の言うことをぜんぜん聞いていませんでした(笑)」

そこで、お母さんから「賃貸に高いお金を出すなら物件を買った方が得だから、まず不動産投資の勉強会に参加してみない?」と不動産投資セミナーに誘われた。

「そのときは投資に興味がなかったのですが、いずれ購入することもあるかもしれないと考え、一応勉強しておこうと思って話を聞きに行ったんです」

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む