写真© ktsz-Fotolia

少子高齢化で年金はあてにできない。かといって年収は思うように上がらない……。こうした背景から、将来に希望が持てないという20代は少なくない。そんな若い世代が、副業や投資に関心を持つのはごく自然な流れかもしれない。

そこで今回は、20代で大家となった3人の投資家を取材。若くして不動産投資を始めることにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、また実践している投資手法などについて話を聞いた。

非正規社員のハンデを乗り越え22歳で大家さんに

1人目は、楽待コラムニストでもある奈湖ともこさん。アパートを2棟、戸建て3戸を所有し、現在のキャッシュフローは月30万円というOL大家さんだ。20歳でお母さんとともに不動産投資セミナーに参加、そして22歳のときに初めての物件を購入している。現在は不動産投資を始めて5年目だ。

「投資を始めたきっかけは、タワーマンションでの一人暮らしに憧れたことです。それを母に相談したところ『贅沢すぎる』と大反対されました。でも私は言いだしたらきかないタイプ。過去には高校を中退したり、その後せっかく大検を取って進学した大学も辞めてしまったりと、親の言うことをぜんぜん聞いていませんでした(笑)」

そこで、お母さんから「賃貸に高いお金を出すなら物件を買った方が得だから、まず不動産投資の勉強会に参加してみない?」と不動産投資セミナーに誘われた。

「そのときは投資に興味がなかったのですが、いずれ購入することもあるかもしれないと考え、一応勉強しておこうと思って話を聞きに行ったんです」

奈湖さんが参加したのは「サラリーマンから不動産投資家になる」というテーマのセミナー。当時、大学に通いながら仕事もしていた奈湖さんは、遠い存在だと思っていた投資家に自分もなれる、ということにそのとき初めて気付いたという。結局、タワーマンションへの引っ越しは諦め、実家に戻って不動産投資の勉強を続けることになる。

その後勉強を重ね、いよいよ物件購入へと動き出した奈湖さんだったが、そこに立ちはだかったのが融資の壁だった。

「私の場合、高校を卒業してすぐに働きはじめていたので、勤続年数の面では一般の大卒サラリーマンに比べて有利でした。一方で非正規社員であるというハンデを負っていたので、思い通りに融資を受けることが難しい状況でした」

自分の属性が決して高くないと感じていた奈湖さんだったが、それでもどうにかして物件を買う方法がないかと模索してゆく。そしてたどり着いたのが、土地の値段だけで建物まで含めて購入できる、いわゆる「土地値物件」だった。築古のボロ物件でも、土地値があればそれを評価してくれる金融機関があるのだ。

「私の場合、購入する物件は自宅から通える範囲のエリア(主に神奈川県)と決めているため、インターネットで地域を絞ってひたすら検索して探すことにしたんです」

こうして戦略的に物件探しを続け、ついに念願の1棟目との出合いを果たす。

次のページ金融機関から「こんな若い子に貸して大丈夫なのか」