写真© naka-Fotolia

女性専用シェアハウスを運営する不動産会社「スマートデイズ」が経営破綻したことに絡み、シェアハウスのオーナーにお金を貸したスルガ銀行の融資審査に問題がなかったかどうかが焦点となっています。

シェアハウス投資で約束された賃料がオーナーに支払われなくなった、所謂「かぼちゃの馬車」問題で、金融庁は3月16日、スルガ銀行に対して銀行法に基づく報告徴求命令を出しました

シェアハウス投資では融資が受けやすくなるよう、源泉徴収票や金融資産を多く見せるために、これらの属性資料を改竄していた等の不正が多数確認されているようです。スルガ銀行はこれらの不正に対して自主調査を始めたようですが、同行を監督する金融庁としても実態を詳しく把握する必要があると判断したのでしょう。

また、金融庁は融資の大半を行ったスルガ銀行に対し「不正を見抜けなかった審査体制」などを踏まえ、実態把握に乗り出したようです。この命令への同行の対応は、行政処分を出すかどうかの判断材料にもなりそうです。

かぼちゃの馬車問題が不動産投資に与える影響

昨年から不動産融資が厳しくなり始めています。追い打ちをかけるように、かぼちゃの馬車問題が他の不動産投資に対する融資に影響を与えるのは間違いないでしょう。

興味本位ではありますが、付き合いのある地方銀行の担当者に今回のかぼちゃの馬車問題の影響についてヒアリングしてみました。昨今、不動産価格が高騰しすぎて購入に値するような不動産が枯渇していたため、僕自身、金融機関へのアプローチが減っていましたので良い機会となりました。

○某地方銀行 担当者A

「当行内部でもこの問題の動向について注視しています。スルガ銀行さんは3月あたりから不動産に対する融資をストップしていると聞いています。過去、当行もスルガ銀行さんと新規顧客の取り合いになったことがありますが、審査スピードでいつも負けていました。

しかし今後、スルガ銀行さんが融資をしなくなるからといって、代わりに当行が積極的に融資していくということはないと思っています。今回の問題で本部が慎重になっていますし、今後は融資審査がより厳しく、保守的になっていくものと予想します」

○某地方銀行 担当者B

「新聞や週刊誌レベルの話は現場でもありますが、本部から具体的な指示が出たということは今のところありません。

しかし、当行は超保守的な金融機関ですので、他行がこの問題を重視し、不動産投資に対する融資を締めるということになれば、当行も『右に倣う』という可能性も大いにあります。

個人的には、これまで不動産融資に積極的だったスルガ銀行さんが市場から撤退してくれれば、当行としても大きなチャンスだと思うのですが、歯痒いところです」

上記のように問題の捉え方は違いますが、両行とも今回のケースを問題視していると言えます。今後はより一層、不動産融資に対する姿勢が慎重かつ保守的になることは間違いなさそうです。