写真© Nishihama-Fotolia

元国税局職員さんきゅう倉田です。好きな不動産は「船舶」です。

たくさんの不動産投資家さんから聞いたお話や、不動産投資にまつわる書籍を紐解くと、みなさんの税負担が如何に大きいかがわかります。

「不動産所得が赤字なら給与所得と相殺して所得税を還付にすることができますよ」とか、「不労所得を得ることで働かなくてもよくなりますよ」などと仄めかされて不動産投資に手を出し、結局空き室ばかりで収入が増えず、ローンも払えなくなって不動産投資を辞めざるを得ないリスクがあるにも関わらず、利益が出れば給与所得だけのときに適用されていた以上の税率で所得税を納めなければならない。

さらに、税理士報酬や法人にした場合の諸々のコストを考えると、不動産投資家として生き残っていられるのはほんの一握りのように思います。

今回は、少しでもみなさんの税負担を減らせるように、所得税、法人税、相続税の節税方法を紹介します。といっても、長く不動産投資を行っていて、同業の方との情報共有ができていれば、既知の情報になると思います。

これだけ競争の激しい業界で、有効な節税方法があれば、とっくに広まっているはずです。だから、この記事では基本に立ち返り、不動産投資家として確実に知っておかなければいけないことを中心に解説します。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む