700人ものオーナーが1億円前後を投資しながら、運営するスマートデイズ(東京都)が経営破綻した女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」。総額1000億円にも上る被害を生み出したシェアハウスには、土地取引の過程での不透明な資金の流れ金融資産の改竄による過剰融資の疑いなど、さまざまな問題が指摘されている。

物件は建築面でも「安物設計」「入居者視点を欠いている」といった見方があるが、果たして内部の実情はどのようなものなのだろうか。一級建築士で「NPO法人建築Gメンの会」理事長の大川照夫さんとともに、都内にある物件に潜入して調査した。

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする