写真© oka-Fotolia

最近、人前で喋る機会や物件調査などが多くなり、非常に体調には気を使います。皆さんの体調はいかがでしょうか。来月には雨の多い季節がやってきて暑くなりますので、今の季節を十分楽しんでおきたいものです。

さて、今回はエレベーター付き物件についてのお話です。

高層建築物においてはエレベーターという昇降設備が必須となります。高級マンション等では4階建て程度でもエレベーターが付いている場合がありますが、通常は5階程度の建物になると必要になってくると考えます

このエレベーターというものは非常に便利な設備である反面、導入時費用と共に定期的なメンテナンス費用が必要になります。その額は不動産投資の収入に大きく影響します

そこで今回は不動産投資におけるエレベーターについて検証してみます。

エレベーターはお金がかかる!

エレベーターはご存知の通り、建築物などで上階または下階へと縦の動線で移動するための設備です。

1階や2階程度であれば階段を利用すれば済むのですが、5階や6階以上ともなると階段を利用した移動では時間がかかります。何よりも非常に体力を使うことになり、健常者や若者ならまだしも、障がい者や幼児以下の子供、高齢者にとっては非常に大変な移動となってしまいます。このようなときにエレベーターは、大変便利な移動設備となるのです。

たまに5階建てでもエレベーターの無い物件もありますが、高需要地域でない限りこうした物件の5階への客付けは難しいのではないかと想像します。

入居者へのアピールができることを考えると、4階程度の建物でもエレベーターを付ければ良いのでは? と考えがちです。しかし、エレベーターは設置費用がかなり高額になるのです。

またエレベーターには、常に専門業者によるメンテナンスが義務付けられており、更には25年~30年毎に更新工事が必要になります。これらの費用は大家が負担することになりますので収益に影響を及ぼします。

このような理由からエレベーターは、安易に導入はできない設備なのです。

とは言うものの5階建て以上の物件でエレベーター無しとする訳にはいきません。導入に費用がかかろうとメンテナンスに費用がかかろうと必要になります。

エレベーターの導入およびメンテナンスの必要性

では、新築でエレベーターを導入した場合、どれ程の予算が必要になるのでしょうか? 当然大きさや階数の違いによる差は出てくるものの、最低でも材工込みで1000万円以上は必要になると思われます。この金額を高いと見るか安いと見るかは感覚の違いでもありますが、個人的には高いなぁ、と感じます。

そして、実際の運用においてはメンテナンスが必要になってきます。エレベーターのメンテナンスは建築基準法第八条でも規定されております。

第八条
建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。

エレベーターは建築設備に該当しますので、「常時」適法な状態に維持させなければなません。ここで疑問に思うことは「常時」という言葉です。常時適法な状態を維持するには定期的なメンテナンスが必須です。具体的にはどれくらいの頻度でメンテナンスが必要になるのでしょうか。

通常は月に1度程度行っているケースが多いと思いますが、2カ月に1度や3カ月に1度という方もそれなりにいるようです。

次のページ気になるメンテナンス費用は?