写真© beeboys-Fotolia

「不動産投資家は孤独な商売」。そういった話を耳にすることもあるだろう。そんな中で、特に初心者投資家は、自身の参考にできる先達の投資家、いわゆる「メンター」を探し、時には頼ることも少なくない。だがそんな中には、「初心者を食い物にする人間がいる」という。

「カリスマ大家と言われる人で、尊敬もしていた人だっただけに、本当にがっかりした」―。そう語る投資家が遭遇した手口とは? 被害にあわないために、気を付けるべきこととは?

「投資家サポート」面談で覚えた違和感

書籍も出版し、成功した大家として名高いA。だが、不動産投資家の新村誠一氏(仮名)は「Aはきれいごとを話していますが、やっていることは半分詐欺です。悪質だと思います」と告発する。

新村氏は、もともとはAの投資手法に感銘を受けていた一人。Aの登壇するセミナーには無料・有料問わず足を運び、メールマガジンも購読していたという。

「ある日、Aのメールマガジンに、『不動産投資家を育成するためにサポートをする』と書かれていたんです。チャレンジする投資家を募集するというので、私もすぐに登録しました」

この時、新村氏はすでに投資歴10年近くになっていたが、成功している有名大家の手法を学ぶことができるチャンスだと思ったのだという。相手からはすぐに返信が来た。「一度面談して、サポートできるか決まる」という内容だった。

指定された日、新村氏は指示された場所まで向かう。面談予定が詰まっていたらしく、新村氏の前の投資家の面談が終わり、時間より少し遅れて新村氏の順番が始まった。面談が始まってすぐに、新村氏は2つの違和感を覚えたという。1つ目は、新村氏はそれまでセミナーにも、その後に行われる懇親会にも何度も顔を出しており、Aと名刺交換もしていたにもかかわらず、Aが新村氏のことを一切覚えていなかったこと。

2つ目は、Aが面談にあたって何の準備もしていなかったことだ。

「面談前に、私の年齢や家族構成、金融資産、投資経験、所有物件、どの銀行からいくら借りているかなどの詳細をすべて、Aの要求に従いA側に提出していたんです。しかし、Aはその資料は一読もしていなかったようで、『なにさんだっけ?』から始まり、属性も何も知らなかった」

新村氏は、「私もそこそこ長いことサラリーマンをしていましたから、面談としておかしいな、と思いました。これで面談するっていうのは、いかがなものかと。この人は真剣じゃないんだな、とわかりました」とあきれる。しかし、本当にひどいのはこの後だった。

本当にサポートか…驚愕の入会申込書

「サポートと言いますが、どういう活動なんでしょうか」

面談途中で新村氏が聞くと、Aは次のように答えたという。

「新築のアパートを建てたい人をサポートします。土地は我々が見つけてきます。あなたにはその土地を買ってもらい、そこに我々が紹介した建設会社で十分利回りが出るようにアパートを建ててもらい、運営してもらいます」

この話を聞いた新村氏は、すぐに「土地を見つけてくるということは、サンタメ業者と同じような仕組みで取得費用に上乗せするんだな、建設会社を紹介するということは、その会社からキックバックをもらっているんだな」と気づいた。今までに付き合いのある建設会社で建てたい、と新村氏が要望すると、Aは「それは困る。できません」と返したという。

その上、サポートを受けるための入会申込書を取り出し、「明日までにサインして出してください。明日までに提出されなければ、あなたがサポートを受ける権利は失効します」と言い放ったのだ。

提示された入会申込書

上記の入会申込書を見ていただければわかる通り、「知識やノウハウは売買契約後に提供される」ことや、「会員は、事前に取り決めた条件に合う案件が出た場合、遅滞なく購入の決断をすること」など、A側にかなり有利な条件が書かれていることは明らかだ。

入会申込書に書かれている内容に、新村氏はひどく驚愕したと振り返る。「手元資金を用意してほしいと書いてあり、その資金を使い切ったらこの契約は終了しますとあるんです。つまり、自己資金が枯渇するまで買わせる、あるいは融資の限度枠まで買わせて、その枠が無くなったらお客さんにはならないからそれでおしまい、ということです。それは本当に投資家サポートなんでしょうか?」

次のページ「素人を食い物にする手法」