多くの行員が融資時の不正を認識していたことが明らかになったスルガ銀行の本店=15日午後、静岡県沼津市

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ(東京都)が経営破綻した問題で、大半の融資を実行したとされるスルガ銀行(静岡県)は15日、審査書類の改竄二重売買契約などの不正を相当数の行員が認識していた可能性があるという調査結果を発表した。

米山明広社長は、融資審査の過程で「営業幹部が審査部に圧力をかけるような状況も生じていた」などと説明。「増収増益の継続」という過度なプレッシャーの中で、審査機能が正常に機能していなかった問題が浮き彫りになった形で、第三者委員会を設置して真相究明と改革に乗り出す方針を示した。

「相当数が不正を認識」か

会員限定記事です

この記事の続きを読むには、会員登録が必要です
会員登録(無料) ログインする