他人の言うことを鵜呑みにしてはいけない―。不動産投資の「鉄則」だ。それでもなお、人に勧められるがままに物件を購入し、思うように収益が上がらず苦しむ人は後を絶たない。

以前、楽待新聞では「新築ワンルームに人生を狂わされた男たち」と題し、区分マンション投資で失敗した3人の投資家を取材した。取材を通じて分かったのは、常識のあるごく普通のサラリーマンでもこうした事態に陥る可能性があるということだ。

一体なぜ、彼らは他人に言われるがままに事を進めてしまったのか。その答えを知るには、実際に営業を受けてみることが最も手っ取り早い。

そこで編集部では、投資用マンション営業の現場に潜入取材を敢行。どのようなトークで近づいてくるのか? 物件はどのようなものなのか? シミュレーションは妥当なのだろうか? を検証した。今回はその様子を前後編2回に渡ってお届けする。

目印は「バインダー」

潜入調査を行うには、まず営業マンに接触しなければならない。SNS等で情報収集をしたところ、どうやら彼らはJR新橋駅前の「SL広場」に頻繁に出没するらしい。ある平日の午後6時、さっそく現地に足を運んでみることにした。

そう簡単に出会えるのか―。不安とは裏腹に、彼らはすぐに見つかった。仕事帰りや待ち合わせ中のビジネスマンでごった返す中、大きな「バインダー」を持って周囲を見渡すスーツ姿の男性数名が目に付いたからだ。

近寄ってみると、バインダーには何やらアンケート用紙のようなものが挟まれている。前をゆっくり移動してみると目が合い、笑顔でこちらに近づいてきた。

営業マンの第一声は「保険に関する意識調査に協力してほしい」というもの。しかしその後、すぐに投資用マンションの営業マンであることが判明する。

 
 

渡された名刺によると、この営業マンは首都圏にある不動産会社A社の社員のようだ。20代前半とおぼしき若い男性で、グレーのスーツに鮮やかな赤のネクタイという出で立ち。「いかにも」という風貌であったが、物腰は柔らかく態度も慇懃、それでいて時折人懐っこい笑顔を見せ、悪い印象はない。

路上で話すこと約30分、最後には「次回、もう少し詳しい話を聞いて欲しい」と切り出す営業マン。まだ業界経験が浅く込み入った話はできないため、後日、上司同席の元で改めて不動産投資の魅力をプレゼンしたい、ということのようだ。その場でLINEを交換し、その日は別れた。

男と別れてから数分後、メッセージが届く。内容はその日のお礼と、次回打ち合わせ日時の調整について。最後には「雨が強くなるので気をつけるように」との気遣いも忘れない。

A社の営業マンとのやりとり。スタンプや絵文字などは使わず、終始丁寧な口調であった

次のページ上司が登場「お客様を幸せにしたい」