他人の言うことを鵜呑みにしてはいけない―。不動産投資の「鉄則」だ。それでもなお、人に勧められるがままに物件を購入し、思うように収益が上がらず苦しむ人は後を絶たない。

以前、楽待新聞では「新築ワンルームに人生を狂わされた男たち」と題し、区分マンション投資で失敗した3人の投資家を取材した。取材を通じて分かったのは、常識のあるごく普通のサラリーマンでもこうした事態に陥る可能性があるということだ。

一体なぜ、彼らは他人に言われるがままに事を進めてしまったのか。その答えを知るには、実際に営業を受けてみることが最も手っ取り早い。

そこで編集部では、投資用マンション営業の現場に潜入取材を敢行。どのようなトークで近づいてくるのか? 物件はどのようなものなのか? シミュレーションは妥当なのだろうか? を検証した。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む