今回のご相談者は、楽待コラムニストとしてもお馴染みの根本伸之さんです。2012年から5年間での不動産への総投資額は7億円を超え、安定的なキャッシュフローを得ている根本さんですが、そのお悩みとは?

お名前

根本伸之さん

性別

男性

自己資金

500万円

ご職業

個人投資家

不動産投資家育成協会講師

ご年収

独立後は数百万円、家賃CFで約1800万円

居住地

神奈川県

ご自宅

自己所有、ローン無し

所有投資物件

重量鉄骨2棟、木造1棟、RC1棟

不動産投資経験

5年

はじめに

根本さんは、サラリーマンを続けながら不動産投資家を兼ね、早期退職後は専業大家さんとして成功されました。また、不動産投資家育成協会においては認定講師の顔も持ち、後進の指導にあたっています。海外不動産にも大いに関心をお持ちで、とりわけアメリカ不動産の動向に注目されているとか。さて、現地の状況を目の当たりにしている石原さんの見解とは?

米国ではAIの民間利用がどこまで普及している?

根本

今日は石原さんにアメリカから見た日本についてお聞きしたいです。最近は日本でもIoTやAI(人工知能)を使って住環境を向上させています。これらはアメリカの方が進んでいると思いまして、状況を教えていただければと思います。

石原

まず、こちらからお伺いしたいのですが、日本の不動産環境にはIoTがどれほど浸透してきている状況なのでしょうか。

Point1  IoT

IoTとは、インターネットを通じて、センサーやデバイスがクラウドやサーバーに接続され、相互に制御する仕組みを指す。様々な用途でビジネスやサービスを改善・拡張することができる可能性を秘めている。

根本

私の知っている範囲ですと、照明器具にスピーカーと人感センサーが装備され、天井から音楽が聞けたり、スマホを介してテレビやエアコンのスイッチを操作できたりするものが出てきました。人のいない部屋で人感センサーが感知すると、入居者にメールを送る機器も発売されています。

石原

照明がリモコンの代わりをするのですか?

根本

はい。5万円ほどするのですが(笑)。

石原

今はそこまで進んでいるのですか!

根本

まだ一般的ではありませんが、入居者の満足度や防犯の観点から非常に興味深いです。

石原

空室で悩んでいる大家さんにとっては訴求力になりますね。

根本

メディアに取り上げられるケースも増えているようです。通信会社と機器メーカーが協同して取り組み、人感センサーとカメラを駆使して部屋の鍵が開くようにもなっています。それにより家に誰もいなくても、外からカメラで監視しながら宅配便の荷物を置いてもらえるよう実験中だそうです。

石原

それが可能になれば革新的ですね! 別の視点になると思うのですが、10年以上前に象印マホービンが発売した「みまもりほっとライン」がありました。高齢者の方がポットの湯でお茶を飲むことにより、安否の確認ができるというものです。「入居している高齢者の方の生存安否を確認しましょう!」というアイテムの登場は、当時の大家さんたちの間で話題になりましたよ。

 

根本

ほかにも、半年前の展示会で『CASPER(キャスパー)』というAIを活用したアメリカの商品を見ました。部屋に人が入ってきたことを検知して自動で電気を点けたり、目覚まし時計の代わりにカーテンを開けたりします。例えば家の主が月曜日の午前7時に起きていたなら、その時間にカーテンを開けてくれる。あるいはスマホへ「パーティーモードにして!」と語りかければ、照明がミラーボールのように回るのです(笑)。

そのメーカーはそのようなことを実験していて、「iPhoneアプリをApple以外の企業が開発できるのと同じように、アプリをいろんなキャリアやデバイスで使えるようにしたいと考えています!」というプレゼンでした。すでにアメリカでは流行っているのかなと思いまして。

石原

それは素晴らしいですね。僕が知っているのはもっと単純な方法です。こちらの空き家はすぐ泥棒に入られます。本当に狙われるんですよ。僕自身も1年がかりで戸建の大きなプロジェクトをやっている間で被害に遭いました。

不法で増改築した家を買い取って、その違法な部分だけを壊し、今度は合法的に行政の許可を取り付けて増築する工事をしていたのですが、その1年の間に3回も泥棒に入られました。泥棒の襲撃から守るため、人が住んでいるように見せかける請負業者まであるんです。

根本

なるほど。さすがアメリカですね!

石原

電灯の点滅を任意にプログラムできるスイッチが20ドルくらいで売られています。それを各部屋でイレギュラーな時間に点灯するよう細工すると防犯になります。僕も自宅用に設置しました。普段は夕方になると外灯が自動で点灯して、朝には消えるようにしていてとても便利なんです。また旅行中でも、室内の照明をON/OFFさせることでいかにも人が居るように見せかけてくれますので一石二鳥です。

シンプルなものではこのような商品があるほか、ブラインドやカーテンを機械的に開閉できるものがあると聞きました。

ただ、僕の周りでそこまでIoTやAIを駆使したハイレベルな機器は流通していません。あとは、これがAIの分野に当てはまるのか不確かですが、不動産業界であれば電子サイン(署名)が普及していますね。

根本

電子サインですか?

石原

これが直感的に使いこなせるほど簡単なんですよ。例えば住宅ローンの契約書では、無数のページに「確認した」というイニシャルや、随所にサインをして返送することが求められますが、電子サインなら、書類データにスマートフォンを使って指でサインをするだけで送り返すことができますから、本当に助かります。

根本

それは便利ですね!

石原

僕が知っているだけで現在10種類の電子サインを提供する会社があります。無料のお試し期間や回数があって、継続利用の場合は月会費が数ドルから30ドルで利用できるようになっています。書類の受け手側ならば無料で利用できるものもあるので、このような最新技術も一般的になりつつあります。

根本

サイン1つするにも公証役場を利用したり、飛行機でわざわざ移動していたのが、電子サインを使えば時間とお金の節約ができますね。

石原

ただし電子サインも万能ではありません。契約書に無数にサインをしていく中で、部分的に肉筆の署名が求められることがあります。その場合は公証してもらって原本を郵送して完了です。米国の契約書を日本で公証する場合は、アメリカ大使館で行います。いずれにしても飛行機代はかかりません(笑)。

アメリカはFAXで情報を伝達する文化が廃れてしまいました。それよりも電子サインや「Title Company(タイトルカンパニー)」が提供する情報サービスが便利です。これは日本風にいうと登記調査会社ですね。日本では物件売買のときに司法書士が入りますよね。その仕事に加えて色々と動いてくれる会社をタイトルカンパニーといいます。

ある会社では位置情報から物件を特定し、登記事項まで瞬時に呼び出せるアプリを提供しています。また諸費用や返済予定表、借り換え費用などの試算や「購入VS.賃貸」の比較表など、情報も豊富です。

根本

情報量やスピードを充実させることで、クライアントの意思決定をサポートしているということですね?

石原

はい、それに正確です。エージェント…日本でいう不動産業者がお客さんから「この物件はどうかな?」と聞かれたら、アプリが入っていれば瞬時に全てのデータが出てきます。何年に建てられて、公式面積はどれくらいで、税金をいくら払った、どこを改修したという物件のヒストリーがアメリカでは情報開示されています。これもAIと称せるならば、そこまで進化していますね。

次のページ米国不動産での民泊事情は?