スルガ銀行本店=静岡県沼津市

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への融資をめぐり、行員が審査書類改竄などの不正行為に関与した可能性が指摘されているスルガ銀行(静岡県)。独自のビジネスモデルで高収益を実現し、「地銀の雄」として急成長を続けてきたスルガ銀行だが、今回の一件では極端な収益至上主義の「歪み」があらためてクローズアップされている。

サブリース事業が破綻したかぼちゃの馬車約800棟のほとんどで融資を引き受けていたように、他の金融機関が融資をためらうような物件にも積極的に融資を出してきたスルガ銀行。近年は不動産投資に興味を持つ若い女性会社員らがスルガ銀行から融資を受けて1棟目を購入するケースも増えていたが、そのようなオーナーたちは現在、どのような状況にあるのだろうか。

今回はスルガ銀行から借入をして不動産投資を始めた女性2人に、融資を受けた経緯や現在の収支状況、そしてスルガ銀行に対する思いについて話を聞いた。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む