「ホームステージング」は1972年にアメリカで生まれた不動産販売の技法のひとつで、家具や小物類で部屋を演出することをいいます。最近、賃貸物件の空室対策として取り入れる大家さんが少しずつ増えてきているようです。今回は「ホームステージングとはどんなものか」という基本的な部分から、内見からの成約率をアップするためのポイントまで、空室対策のひとつとしてのホームステージングについてお話しします。

「ホームステージング」は空室対策に役立つ!?

「ホームステージング」という言葉をご存知でしょうか? ここ数年、不動産業界のいろいろなところで耳にするようになりましたが、もともとは1972年にアメリカで確立された不動産販売のひとつの技法のことです。私も1970年代後半、ロサンゼルスの大学に留学中、学校が休みのときなどにはホームステージングしてあるオープンハウスをよく見学させてもらったものです。

ホームステージングとは何かということを簡単に言ってしまえば、家具や小物類で部屋を演出して、内見に来てくれたお客さまに「ここに住みたい」と感じてもらうための対策です。

私は、空室対策のひとつとして、このホームステージングを実践してきましたが、内見に来てくれたお客さまの成約率を高めるために役立つことを実感しています。実は、私の空室対策のひとつとして、このホームステージングの考え方が根底にあるのです。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む