「ホームステージング」は1972年にアメリカで生まれた不動産販売の技法のひとつで、家具や小物類で部屋を演出することをいいます。最近、賃貸物件の空室対策として取り入れる大家さんが少しずつ増えてきているようです。今回は「ホームステージングとはどんなものか」という基本的な部分から、内見からの成約率をアップするためのポイントまで、空室対策のひとつとしてのホームステージングについてお話しします。

「ホームステージング」は空室対策に役立つ!?

「ホームステージング」という言葉をご存知でしょうか? ここ数年、不動産業界のいろいろなところで耳にするようになりましたが、もともとは1972年にアメリカで確立された不動産販売のひとつの技法のことです。私も1970年代後半、ロサンゼルスの大学に留学中、学校が休みのときなどにはホームステージングしてあるオープンハウスをよく見学させてもらったものです。

ホームステージングとは何かということを簡単に言ってしまえば、家具や小物類で部屋を演出して、内見に来てくれたお客さまに「ここに住みたい」と感じてもらうための対策です。

私は、空室対策のひとつとして、このホームステージングを実践してきましたが、内見に来てくれたお客さまの成約率を高めるために役立つことを実感しています。実は、私の空室対策のひとつとして、このホームステージングの考え方が根底にあるのです。

そこで今回は、私が考える「空室対策のひとつとして有効なホームステージング」のポイントをご紹介しましょう。

ホームステージングが生まれた背景は?

冒頭で申し上げたように、ホームステージングの技法は1972年にアメリカで発祥したと言われています。

アメリカの住宅市場で流通しているのは中古住宅がメインですが、中古住宅を販売する際、多くの場合は、人がまだ住んでいる状態で購入希望者に内見させることになります。そのため、家の中は基本的に、住人が使用中の家具や生活雑貨がそのまま置かれた状態になっています。

そんなとき、家の中があまりに散らかっていると、それだけで内見者に悪い印象を与え、家そのものに対する評価も大きくダウンすることになりかねません。それは売主にとっても、仲介業者にとっても、大きなマイナスになります。

そこで、あるときから、売主や販売業者は「購入希望者の内見前に、家の中はきれいに片付けておくべきだ」と考えるようになりました。そして必要とあらば、住人に代わって室内の清掃や片付けを行ない、見る者によい印象を与えられるよう、室内の模様替えまで含めたコンサルティングを行う専門業者さえ現れたのです。

こうして、アメリカの不動産業界では、中古住宅の販売前に「ホームステージング」、すなわち、家(home)を演出する(staging)という発想が生まれました。そして、中古住宅の販売で有効性が確認されたホームステージングは、その後、新築物件についても適用されるようになっていきます。

このような「家具や小物類で住宅を演出して販売する」という発想は、アメリカを皮切りにカナダやヨーロッパでも急速に広がっていきました。アメリカでは「ホームステージャー」という専門職まで生まれており、現在、ホームステージングを専門に行なう業者が数百社存在するとも言われます。

次のページ賃貸住宅にも少しずつ広がってきている