PHOTO: iStock.com/Simon Carter Peter Crowther

みなさん、石川貴康です。「かぼちゃの馬車」問題以降、何となく不動産投資の勢いも踊り場に来ているように感じる今日この頃です。みなさんの周りではいかがでしょうか。

私はといえば、昨年12月にRCの一棟物件を購入して、間もなく不動産取得税の支払い時期が来ます。不思議なことに、今回は自治体から「間もなく納付書が行くから納税の準備をせよ」と事前案内が来ました。この物件は、私が過去購入した物件の中でも2番目に高額で、不動産取得税も確かに高額です。

私のいつもの感覚だと、不動産取得税で半年分のネットキャッシュを持っていかれる感じです。「家賃収入-経費-固定資産税-ローン支払い≒ネットキャッシュ」とすると、この半年分の稼ぎが持っていかれるのです。この感覚は木造でもRCでも一緒です。皆さんはいかがですか?

セミナーの講師代を踏み倒す業者

さて、今回はとある不動産業者にひどい目にあわされたので、その話を皮切りに、付き合うべき不動産業者について考えてみましょう。

今年に入って、不動産セミナーでの講師依頼があり、数回講師を務めました。なかでも宮崎で開催された老舗不動産業者さんのセミナーは、業者さんも参加者もみなまじめで、とてもよい会になりました。

一方、ここ数回依頼された都内の新興の不動産業者にはひどい目に遭わされました。全部で4回講演してほしいとのことで依頼があり、受けることにしました。内容は、私が講演した後、業者による自社の説明が行われ、よくある「未公開物件」の説明、そして「我が社は社会貢献をしています」といったアピールをし、セミナー修了後に個別相談会を設けるという形です。このパターンは最近複数個所で見かけました。

後日、この会社に講師代の請求書を送ったのですが、ほどなくして関連会社の別の方から「請求書が来ていません」との連絡がありました。複数社で連合してセミナーを打っていたのですね。変だな、とは思いつつあらためて請求書を直接この方に送り、無事入金されました。

2回目のセミナーを行い、同様に請求書を送ると、今度は期日までに振り込みがありません。どういうことなのか確認してもらうべく連絡を取ろうとするも、メールには返信なし、電話は携帯電話も代表電話もつながらず。お会いしたその他複数の会社へ電話してもつながりません。携帯の電源は切れてはおらず、出ないだけ。留守電を残しても返電はなし。代表電話にかけても「お客様の都合により通話ができなくなっています」とアナウンスが流れます。

3回目のセミナーが中止になったことを考え合わせると、もともと調子が悪く、どうやら「飛んだ」ような感じです。

未回収なのは講師代だけですが、この会社から物件を買ったり、管理を任せていたりした人は、もしかしたら大変なことになっているかもしれませんね。不動産の販売だけでなくサブリース、管理を請け負うことが得意とのアピールもしていましたから。

はたして、これらの不動産会社はまじめに仕事をしていて、結果的に苦境に陥り倒産? したのでしょうか。それとも、最初から何か意図をもって営業活動を行い、詐欺行為を働くことを目的にしていたのでしょうか。

実際には何が起きているのかは調べようもないし、取引をしていないのでどうなっているのかわかりませんが、初めから詐欺的なスキームであったのなら、結局、私は広告的な講師として利用されたのかもしれませんね。そうだとすると腹が立ちます。

「違和感」は大切に

これらの不動産業者に関しては、思い返してみれば最初に変だな、との感覚もなくはなかったのです。まず、出てくる人出てくる人がとにかく若い。20代から30代前半くらいではないでしょうか。経験が浅そうで、ベンチャー的に起業したような人の集団、といった感じでした。

セミナーコンテンツはどれも似たような構成で、テンプレートでもあるのかと思わせる内容です。会場は会社内のセミナールームで、とてもきれいな場所です。ここを維持するのは大変だろうな、との印象を持ちました。そして全員、変にニコニコしていて、何かの宗教かと思わせる雰囲気がないこともない。今思うと、あの時感じた違和感を大切にすべきでしたね。

次のページキケンな業者を見極める方法