PHOTO: iStock.com/hichako

私は、不動産投資で4つの危機を経験しました。

平成バブル崩壊耐震偽装事件不自然死・首吊り自殺・練炭自殺、そして、今なお続く悪徳金融機関による融資承認・金銭消費貸借契約締結後の理由無き融資ドタキャン、それに便乗した不動産会社による手付金不返還や違約金請求、仲介手数料請求トラブルです。

不動産経営だけでも、一発玉砕、自己破産、再起不能の瀬戸際にあって、メンタルをやられ、眠れない日々もありました。特に4番目の金融機関、不動産会社とのトラブルでは大変な目にあっています。

そんな中、私を立ち直らせてくれた言葉たちがあります。私も含め、皆さんにも、不動産経営以外に本人や家族の健康、学校、仕事、金銭面等、心配事も多いことかと思います。

そんな時、物は考えようで、気持ちを立ち直らせてくれる言葉もあるものです。
人生、資産運用等においても格言がありますが、不動産経営においても生かせるものがあります。私が好きなものを御紹介させて頂きます。多少なりとも、皆さんの心の支えになれば幸甚です。

未来と自分を変えるしかない

○「過去と他人は変えられない。未来と自分は変えられる」

カナダ出身の精神科医、エリック・バーンの言葉だそうです。

失敗を繰り返さないようにしたり、歴史から学んだりすることは必要です。しかし、過ぎ去ったことはいかんともしがたいことなので、くよくよしないで、前向きに生きていくしかありません。私達には、「今」と「未来」しかないのです

人の性格等は変えられないものです。誰かや何かに過度の期待をしても、裏切られたり、報われなかったりすることも多いものです。そんなことに神経をすり減らすよりも、自分自身が変わった方が早い

ただ、自分を、今の周りの環境や人達に無理に合わせる必要はないと思います。
自分が精神的、経済的に成長していけばステージが上がっていくもの。
そして周りの環境や人達も変わっていくものです。

サラリーマンから不動産経営などのビジネスに進出していけば世界は広がり、精神的、あるいは経済的に周りのサラリーマンの世界が狭く、浅く感じられ、物足りなくなっていくものだと思います。

例えば私も、悪徳金融機関から、融資承認・金銭消費貸借契約締結後、実行前日になって特段の理由もなく融資ドタキャンという経験をしました。

そしてそれに便乗した不動産会社による手付金不返還、違約金請求、仲介手数料請求というトラブルに巻き込まれています。このトラブルでは6000万円の損失を被りました。

元はと言えば悪徳金融機関が一番悪いと思います。しかし、その悪徳金融機関を信頼したのは私です。結果として騙されたわけですが、過ぎたことはもう取り返しが付きません。

その悪徳金融機関は、相変わらず同じようなことをし続けています。過去と他人は変えられません(それでも、私と同じような被害者が出ないようにと思って注意喚起はしていますが、なかなか難しいものです)。

今では、自分自身で反省し、未来に向かって、未来と自分を変えるしかないと思っています

次のページ「融資が通らず買えなかった」は悪いこととは言い切れない