PHOTO: iStock.com/Nikada

賃貸契約の際に借主が貸主に支払う費用として、一般的には「敷金」と「礼金」が知られている。一方、関西圏に独特なルールとして「敷引き」というものがあることをご存じだろうか。

敷金、礼金、保証金、敷引き…それぞれの違い

まずは一般的な「敷金・礼金」の定義について。敷金は、家賃の不払いなどに備えて貸主が借主からあらかじめ預かるもの。退去時には修繕費用などを差し引いて借主に返金される。礼金は文字通り「貸主へのお礼」。家を貸してくれた礼として支払うお金であり、返金はされない。

この「敷金・礼金」に対して、関西では「保証金・敷引き」という名目で費用が請求されることが多い。このうち「保証金」は、家賃不払い等への担保となる金銭であり、「敷金」とほぼ同じ意味合いをもつ。

一方の「敷引き」は「礼金」とは違う。「敷引き」は「あらかじめ決められた退去時の修繕費用」のこと。なお、ここでは「保証金・敷引き」と表記しているが、「敷金・敷引き」という名目で設定されていることもある。

「敷引き」は何に使われる?

敷引きの具体的な費用負担を数字で見てみよう。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む