PHOTO: iStock.com/lamontak590623

最近の私は、朝6時前に家を出て、21時以降に帰宅、月間の休日は3~4日程度という生活を送っています。さらにその少ない休日も、セミナー講師や物件調査依頼、書籍の原稿執筆に使っています。

一見すごくハードな感じに見えるかもしれませんが、本人は結構充実しています。これも不動産投資という、事業のような趣味のような存在のおかげです。楽しみがあるからめいっぱい活動できるのでしょう。もし私が不動産投資と出会っていなかったら、生気のないメタボ中年になっていたかもしれません。私にとって不動産投資はお金のためだけのものではないようです。

さて、今回は「建設業に関連する職種」がテーマです。

なぜこのコラムでこうしたテーマを紹介するのかというと、建設業界の構造を知ることが、結果的に「リフォームなどの工事費を抑えること」につながるからです。遠回りに思えるかも知れませんが、どうぞ最後までお付き合いください。

 「建築士」も実はいろいろ

建設業に関連する職種は非常に多く、しかも細分化されています。さらには請負形態も1次、2次、3次と階層化された「重層下請構造」になっています。これは建設業の特徴でしょう。客先から直接発注を受けた元請会社では、下層の下請け業者を全て把握するのは難しいほどです。

以降では、そういった複雑な建設業界に携わる職種について触れてみたいと思います。

まず、建設業に欠かせない職種の1つである「建築士」について。建築士は国家資格保有者であり、「建築士法」という法律に基づいて業務を行います。

建築士には大きく一級、二級、木造という種類があり、携わる建物の大きさや種別によって表のように分類されています。例えば延べ床面積300平米(高さ13メートル以下かつ軒9メートル以下)のRC造アパートは二級建築士でも設計及び監理ができるけれど、延べ床面積301平米のRC造アパートは一級建築士でなければ設計も監理もできません。

※クリックで拡大

一級建築士は最上位資格ですから、二級建築士より建築物に詳しいと思われがちです。実際、一級建築士の方が資格受験難易度は高く、多くの経験をもち、実際の建築物について勉強もしますので、相対的にはほかの建築士資格保有者より知識があると言ってもよいでしょう。

しかし、二級建築士は木造物件を多く扱うことから、RC造や鉄骨造ばかりに接している一級建築士よりも、木造建築物については詳しい場合もあります。延べ面積300平米以下の木造アパートを建てる場合は二級建築士の方がよいケースもあるかもしれません。

さらに言えば、建築士は建築物全てに精通しているわけではありません。意匠(いわゆるデザイン)設計を専門に行う者、構造設計を専門に行う者、設備設計を専門に行う者などその専門分野はさまざまです。現場工事施工を専門に行う私のような建築士もいます。

医者で言う外科、内科、整形外科のように、建築の世界でも専門が分かれていると言えばわかりやすいでしょうか。つまり、一口に建築士といってもすべての建築物について何でも知っているというわけではないのです。

次のページ「建築確認申請」の提出先も1つじゃない