PHOTO: iStock.com/Delpixart

今年4月から本格的に経営大学院に通い始めました。能力向上と人的ネットワーク構築が目的で、不動産賃貸の収入の一部を別の事業に振り分けるための準備をしています。その講義の中で、「生存バイアス」という考え方が興味深かったのでシェアします。

例えば、前提は戦時中。「今、被弾して戻ってきた戦闘機があります。この複数箇所に被弾した戦闘機をみて、あなたならどの部分の装甲を厚くしますか?」という問いです。

目の前に複数箇所を被弾した何機かの戦闘機があるとイメージしてください。被弾した戦闘機を目にすると、被弾した共通箇所を探し出して、その装甲を厚くするのが良いのでは? と考えてしまうのではと思います。少なくとも私はそんなことを考えました。皆さまなら、どの装甲を厚くして次に備えますか?

実はこの問いの模範解答は、「被弾していない箇所の装甲を厚くする」でした。

なぜ被弾している箇所ではなく、被弾していない箇所の装甲を厚くするのか。それは、サンプルがあくまで「帰還した戦闘機」のみを対象にしているためです。目の前にある戦闘機以外に「帰還していない戦闘機」が多数あったはずで、それらは被弾箇所が致命傷となって戻って来ることができなかった。つまり、「帰還した戦闘機の被弾箇所は致命傷にならない」「装甲を厚くすべきなのは、今見えている被弾箇所とは別の箇所」というわけです。

撤退してしまった人の意見を

目の前に生き残ったサンプルがあると、そのサンプルから色んなことを分析しようとしてしまいがちですが、それまでにどんな脱落したサンプルがあるかを考えないとアクションを見誤る、というのが「生存バイアス」の考え方です。今、私が書いている大家のコラムもある意味、「一部の生き残った大家」が書いているコラムに過ぎないので、本質的には途中で不動産から撤退してしまった方の意見を聞かないといけないのかな、とも感じました。

また別の視点で、コラムニストを比較してみると良いと思います。一つは、自分とコラムニストを比較すること。コラムニストの属性と自分の属性が合っていないと、同じスキームでやろうとしていてもできないことが多いです。それから、コラムニスト同士の共通点を探し出すというのも面白いと思います。

コラムニストもそうですが、ビジネスで成功している人は共通して「3つの目」を持っているように思います。

次のページ虫の目・鳥の目・魚の目