PHOTO: iStock.com/F3al2

歴史は繰り返すものだ。経済においても同様のことが言える。それならば、経済の動きや不動産投資の歴史を学べば、今後の投資活動の参考とできるはずだ。平成も終わろうとしている今こそ、改めて不動産投資の歴史を学び、来る時代につなげていきたい。

時代の転機に不動産投資市場はどのように動いていたのか。投資家たちは何を考え、どのように行動していたのか。リアルな声とともに振り返る。今回は、バブル期とその崩壊といった激動の時代に迫り、歴史を紐解く。

1.個人投資家の誕生

「個人投資家」と呼ばれる存在は、いつごろ誕生したのだろうか。

明治時代、「地租改正」により、それまで国のものだった土地を個人が所有できるようになった。不動産投資の先駆けは、江戸時代の裕福な商人が長屋を庶民に貸し出していたことだと言われているが、明治以降の「貸家」「賃貸住宅経営」と言えば、土地を所有する地主によるものを意味するようになる。

◎投資用ワンルームマンションが登場(1970年代~)

1962年、共用部、専有部、および土地の持ち分の権利関係などについて定めた「区分所有法」が制定されて以降、国内では複数回に渡ってマンションブームが起こるなど、一般の人々にも住居としてのマンションが定着していった。

一方、投資先としてのマンションはというと、1970年代にはいわゆる「投資用ワンルームマンション」をサラリーマンが購入して賃貸するという投資手法が生まれていたようだ。当時は、地主でない個人が1棟モノに投資するという事例はほとんどなく、不動産投資と言えば区分マンションが主流であった。

なかでも1976年ごろに竣工し、現在も稼働している賃貸物件「メゾン・ド・早稲田」と、同物件の開発・販売を手がけた「マルコー」は、投資用ワンルームマンションの先駆けとして有名である。また、このときすでに、オーナーに代わって管理業務を代行するというビジネスモデルも確立されていた。

こうしてマンション投資は注目を浴び、以降、多くの会社が投資用ワンルームマンションを展開していくことになる。

メゾン・ド・早稲田外観

 

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む