文中のCさんが購入した競売物件

「いい物件」を安く購入することが、不動産投資を成功に導く最も基本的なポイントといえる。しかし、知識不足や突発的なトラブルなど、何らかの原因で「買ってはいけない物件」を購入し、苦しみながら運用せざるを得なくなることもある。今回はそんな「買ってはいけない物件」を買ってしまった3人の投資家の事例から、問題点と教訓について考えてみたい。

ケース1:掴んでしまった7200万の「ババ物件」

岐阜県のAさん(40代男性)は2年ほど前、静岡県で築20年の一棟RCを7200万円で購入した。東京の仲介会社から紹介された物件で、ユニットバスの1K6畳×24室。購入時は20室弱の空室があった。

「当時はワンルームマンション2戸を保有しているだけで、一棟ものは初めてでした。『うちはいい物件しか売りませんよ』という仲介会社の言葉を信用して、物件を見ずに購入を決めたんです」。家賃2万円で利回り10%という説明。スルガ銀行の4.5%ローンがセットになっていた。

管理はその仲介会社の関連会社に委託した。1年間の空室保証がついており、「1年以内に全部埋まりますよ」と言われていたが、半年経っても一向に入居者がつかない。しびれを切らして静岡まで足を運んだ。

「あの物件ですか…。ババ引いちゃいましたね」

地元の老舗不動産会社からそう言われて愕然とした。「駅から徒歩10分の立地なんですが、よく考えれば車社会の田舎町。しかも駐車場はない。ワンルームの需要もないエリアで、そもそも田舎にしては部屋が狭すぎる。実勢価格よりかなり割高な価格で掴んでいるし、問題山積の物件だということにあらためて気づいたんです」

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む