PHOTO: iStock.com/june.

建物に潜む瑕疵は購入前に見抜くことが難しい。今年5月にも、レオパレス21が手がけた物件の一部で小屋裏にあるべきはずの「界壁」がないなどの問題が取り沙汰されたばかり。天井の内部に隠れてしまう界壁は目に見えないため、オーナーが購入前にこの問題を発見することはほとんど不可能であっただろう。程度の差はあれ、中古物件には少なからずこうしたリスクがつきまとう。

一方で、新築なら安心だとも言い切れない。施工会社の認識不足や職人の技量不足、あるいは手抜き工事などにより、建ってすぐに欠陥建築となってしまう可能性もあるからだ。

実際にこうした瑕疵のある物件を購入してしまった投資家には、どのような苦悩があるのだろうか。今回は中古・新築でそれぞれ欠陥物件を購入してしまった2人の投資家に取材を実施。彼らがどのような問題に見舞われ、どのように対処したのかを追った。

「大工が建てた」の触れ込みも、小屋裏に界壁なし

九州地方に住む投資家のSさんは3年ほど前、地元の不動産会社から紹介を受け、築25年、全12戸の中古木造アパートを購入した。価格は3150万、想定利回りは19.5%という好条件の物件だ。もともとポータルサイトで見つけて目を付けていた物件だったが、その後、付き合いのある不動産会社からも同じ物件を勧められ、購入の意志が固まったという。

「不動産会社によると、『腕利きの大工がイチから建てたしっかりした建物』ということでした。外観に問題は見られませんでしたし、ちょうど取り組みを広げたいと思っていたエリアだったので購入したのですが…」

Sさんが購入した物件。外観は一般的な築古のアパートにしか見えないが…

蓋を開けてみると、見ただけではわからない問題が建物内部に潜んでいたという。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む