空き家再生人・広之内友輝が、あなたのボロ物件に突撃!!

 

ガラボロ物件投資家としてお馴染み・広之内友輝さんが、空室で悩める全国の大家さんのもとへ突撃! 今回は、秋田県で築35年のアパートを購入したという水谷さん(仮名)。

近隣に商業施設や大学があり、入居需要は見込めそうですが…アパートの半分の6戸が、2年間ずっと空室という厳しい状況。水谷さんが購入した2018年、既に300万円掛けてリフォームしましたが状況は変わらず…さて、どうする?

物件概要

オーナーのお悩み「あといくらリフォームに掛ければ…

このアパートを購入したのは2018年3月のこと。それ以来、空室を埋めようといろいろなことを試してきました。

外壁塗装はもちろん、アパート名も変更し、6戸の空室のうち3戸はリフォームもしています。その他、既存の入居者の退去を防ぐために、古いブレーカーの交換や障子の張り替えなどです。既に300万円程の費用を使っています。

あとは、「畳・和式便器・バランス釜」の部屋が3戸残っているので、なるべく予算を掛けずにどのように室内をリフォームすべきか相談したいです。

和室の部屋はどこまで替えるべき?

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む