楽待コラムニストとしてお馴染みの安藤新之助さんは現在、都市銀行・地方銀行・信用金庫など、全9行もの金融機関と取引。借入総額は16億円、所有する10物件の金利は3年~10年固定で、0.6%~1.3%と驚きの条件での借り入れに成功しています。

そんな安藤さんが、自身の経験を基に出版した書籍『NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術』には、実際に取引をしている銀行の現役支店長が登場。今回は書籍出版と連動して、楽待新聞でも「初めての融資をサポートする」新企画を始動します。企画のスタートに先立ち、書籍にも登場した支店長と安藤さんにお越しいただきました。

T支店長

中部地方にある某金融機関の現役支店長。23年のキャリアを持つ。

安藤さんの著書にも、「某金融機関の現役支店長コラム」として登場。現役の支店長しか語れない、「リアルな金融機関の視点」をお話いただきます。

衝撃の出会い

安藤
T支店長、今日は企画へのご協力ありがとうございます。思い返せばTさんとのお付き合いもけっこう長くなりましたね。御行とは以前からお付き合いがありましたが、Tさんに初めてお会いしたのは5年ほど前だったでしょうか?

T支店長
前任の者から私に担当を引き継いだ時ですね。確か決算報告にいらっしゃった時です。その日、初めて安藤さんの決算報告書を見せていただきましたが、あそこまで密度が高く、上手くまとまった資料は見たことがありませんでした。

この記事は会員限定記事です。続きは会員の方のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインする