2018年12月、楽待のアプリが大幅にリニューアルされます。Web版の基本機能はそのままに、デザインを一新。誰でも直感的に使える、よりシンプルで分かりやすい操作画面に生まれ変わります。

同時に、Android版アプリの配信も開始! この記事では、新しい楽待アプリの魅力を3つのポイントに絞ってご紹介します(記事中の画面はすべて開発中のものです)。

ポイント1 メッセージ機能でスムーズにやり取り!

これまでWeb版でしか利用できなかった「メッセージ機能」に対応。不動産会社とチャット形式でやり取りができるので、物件の問い合わせや画像の送受信をスマホ上で完結できます。新着メッセージは、スマホのロック画面に「プッシュ通知」として受け取ることができるので、大切なメッセージを見落としてしまうこともありません。

また2019年には、楽待に登録する不動産会社向けの専用アプリもリリース予定。不動産会社とユーザーの双方にとって快適な環境を提供することで、スマホでのやり取りがさらにスムーズになります。


チャット形式で不動産会社とやり取りできる「メッセージ機能」に対応。新着メッセージはスマホのロック画面に「プッシュ通知」として表示される(利用には設定が必要)

ポイント2 スマホでいつでも、サクッと物件探し!

移動中や外出先などでサクッと物件探しができるのは、スマホアプリならでは。時間を見つけてはサッとアプリを開いて、好きな時に物件探しができます。

Web版と同様、間取りやエリア、物件種別による指定のほか、価格や利回りなどの詳細な条件指定も可能。物件情報の未読/既読を背景色の違いで判断できるので、物件探しの効率がアップします。

検索した物件の一覧画面。情報の既読/未読は背景の色で区別できる。エリアや沿線、価格帯など細かな指定で検索物件の絞り込みが可能

ポイント3 新着の提案をリアルタイムで通知!

希望の条件(ニーズ)を事前に登録しておくことで不動産会社からの提案が受けられる、楽待の「提案サービス」。アプリでもWeb版と同じように利用できます。メッセージ機能と同様、新着情報の「プッシュ通知」にも対応。不動産会社からの提案をリアルタイムで確認でき、見落とすこともなくなります。


ニーズを登録しておけば、不動産会社からの提案が受けられる

 他にも便利な機能が続々リリース予定!

デザインも一新され、より使い易くなる楽待アプリ。iOSのほか、Androidにも対応し、さらに便利に生まれ変わります。

また今後、沿線や各エリアの平均利回りから物件を探せる「利回り相場」や、毎年のリアルな手残り額がひと目で分かる「CFシミュレーション機能」など、さまざまな機能を続々追加予定! これからも楽待新聞では、アプリの魅力や便利な使い方に関する情報を定期的に発信していきます。ご期待ください!