当然のことだが、日本の土地には値段が付けられている。物件を購入するときの売買価格にも「土地値」が含まれていることは、多くの人がご存じだろう。

しかしながら、一言で「土地の値段」と言っても存外複雑なものだ。「一物五価」、あるいは「四価」「六価」と呼ばれる土地の値段だが、いったいどういったものなのか、どのように値が付けられているのか、改めて確認してみたい。

土地の価格を指す「一物五価」とは

土地にはさまざまな値段の付け方があり、「一つの物に五つの価格」ということで「一物五価」と呼ばれている。一般的に土地の「一物五価」という場合には以下の5つを指す。それぞれどのようなものか振り返ってみよう。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む