「ホームインスペクター」と呼ばれるプロフェッショナルがいる。

戸建て住宅やアパート、区分マンションなどの中古物件に瑕疵がないか、一般消費者に代わって調査をする「住宅診断(ホームインスペクション)」の専門家だ。

楽待新聞でも既報のとおり、今年の4月以降は収益物件にも身近な存在となるはずだった同制度。しかし、売買の現場では普及が進んでいないのが現状だ。インスペクションがどのように行われているのかを知らない読者も多いことだろう。

今回はオーナーの協力のもと、木造アパートのインスペクション現場を密着取材。インスペクションとはどのようなものなのか、またプロのインスペクターは建物のどこを見ているのかを、記事と動画でレポートする。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む